2009-06

砂浜に寝転んで

 ことりと行く瀬戸内海、第9回。
 灯台の下にある海岸へ。

09063001

 布刈の瀬戸で紹介した潮流信号所の付属施設である検潮所が見えます。

09063002

 あ、今回のタイトルですか?
 腹ばいになって、砂まみれで撮影していました。
 おまけに脱水症状で、気を緩めると意識が飛びそうでした。
 ここまでに1リットル以上、水分を摂っていたので油断していました。
 こんな状況で倒れた姿を誰かに発見されたくない!

09063003

 太陽が低くなりはじめました。
 次回でことり瀬戸内紀行はラストです。長かった。
 ブログでイベント報告をやっておられる方ってすごいなぁ。
 短期間で尋常じゃない枚数を整理して、コメントを付けてアップしているなんて。

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

岬に白い灯台

 ことりと行く瀬戸内海、第8回。

09062801

 では、灯台に行ってみましょう。

09062804

 ここは、私にとっての灯台の原風景。
 白くて、石造りで、海に面した崖のそばで。
 崖といっても、ここはそれほど高くありません。
 海峡なので遠くまで光を届かせる必要がないからです。

09062803

 確認してみると、この「ことり瀬戸内紀行」で1000枚以上撮っていました。
 自分でも驚きました。
 でも大半が使えません。下手なので数で攻めるしかないのです。
 
 この数は紛れも無くデジタルカメラの恩恵です。
 撮影してすぐに画像が確認できて1枚当たりのコストが低いって、すばらしい。(人によっては、違う意見もありそうですが)

 それにしても1000枚って35mmフィルムだったら、いったい何m分になるのでしょう。
 現像のことまで考えると、ちょっとぞっとします。
 (昔、モノクロフィルムで数十mという単位で売っているのもあったと記憶しているのですが、今はやっていないのかな?)

 もちろんフィルムも好きですよ。写真に対する距離感とか、画面の空気とかね。
 どちらも楽しむ贅沢。ただし財布の許す範囲で。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

布刈の瀬戸

 ことりと行く瀬戸内海、第何回目だっけ?

09062701

 3つの塔を連ねた特徴的な建物は、潮流信号所跡。
 潮の干満による潮流を知らせていましたが、 レーダーやエンジンの進歩に伴って、役目を終えました。
 付近には、信号機・アセチレンガスの貯蔵用タンク・貯水槽など付随設備も残っており、施設が生きていた頃の様子がうかがえます。
 観光地化していて、廃墟っぽさはありません。

 奥にあるのは灯台。こちらは稼動中。

09062702
 
 割合頻繁に船が航行していました。
 現在も重要な航路なんですね。

09062703

 この撮影で一気に日焼けしました。
 SDだったら、1日で色が変わっていそうなレベルの紫外線を浴びている気がします。
 ことりたちよ、きれいな肌でいておくれ。
 DDの素材って、変色はどの程度おこるものなんでしょうか。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

橋の向こう

 ことりと行く瀬戸内海、第6回。
 橋を渡って、展望台へ。

09062601

 分かっていたことだけど、順光側になったとたん素直に橋が写る。
 逆光で背景をきれいに撮ろうとした時間はなんだったのか。
 日中シンクロの練習だったと思うことにしよう。
   
09062603

 ウイッグの素早く簡単便利なセットの仕方ってないものでしょうか?
 もたもたしているうちにチャンスを逃すのです。
 ロングヘアも使いたいのですが、今のところ屋外では無理そうです。

09062602

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

もっと丸く!もっと光を!

 今回、ことり瀬戸内紀行はちょっとお休み。
 画像整理の合間に、凛を撮ってみました。
 集中力が切れていたとしか言いようが・・・。

09062401

 今回1番の反省点。
 「こまめにISO感度を確認する。」
 絞りを絞った時に感度を上げて、しばらくそのままになっていました。
 画面がザラザラする。

09062402

 点光源のボケを見ていると、ある物欲が再燃。

 新しい50mmレンズが欲しい。
 今使っているレンズは、以前使っていたフィルムカメラからの遺産で愛着があるのですが、モノ足りないさも感じ始めています。(使いこなせてもいないのに)
 50mmレンズを常用しているし、買ってもいいかな?いいよね?
 今、私を引き止めているものは財政面のみ。

09062403

 ドール撮りで単焦点好きな人ってどれくらいいるんでしょう?

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード