2010-10

光をありがとう

10102101

 レフ板は便利なのですが、時々おかしな方向から光を当ててしまいます。
 右手にカメラ、左手にレフ板ということが多いので、とり回しに限界があるもので。

10102104

 そのレフ板が壊れました。
 フレームが壊れたのです。
 角が出たフレームとこすれて、布も破れました。

10102102

 直せるかと思い、フレームを引っ張り出してみました。
 接合部の小さなリベットがねじ切れていました。
 なかなか張りのある素材で、ビュンビュン暴れます。
 丸く矯めようとしても、力が必要でなかなか言うことを聞いてくれません。
 修理断念。

10102106

 新しくレフ板を買いました。
 白い部分はより白く、銀色の部分もキラキラしています。
 ああ、前のヤツはがんばってくれたんだな。

10102103

 画像の方は、辺りが暗くなり始めました。
 照明のスイッチも入りました。
 夜が早足でやってきます。
 シャッター速度がだんだん遅くなり、手ブレ防止のためにセンサーの感度を上げざるをえなくなります。
 真っ暗になってしまう前に、どんなものが撮れるでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード