2010-11

目が見た光、脳が見せる光

10110601

 さて前回の画像から、コスモスが見頃と聞いて、ことりを連れて行った際の画像です。
 1ヶ月ほど前ですかね。
 どうもこのブログは、旬からずれてしまう傾向にあります。

10110602

 以前からのストックを出しているうちに、時期を逃してしまうんですよね。
 (桜のハロウィン画像は例外的に押し込みました)
 あと今回は撮影枚数が多くて、現像するのに少々手間がかかったのも関係しています。
 
10110603

 ここに来る方って、どのくらいカメラに親しんでらっしゃるのでしょうか。
 RAWとか現像とか言う単語を使っても大丈夫なのかな?

 どこまで簡単に出来るかわかりませんが、今回はこれらについて解説してみることにします。
 (どうでもいいやという方もいそうですけどね)

10110604

 まずRAWデータから。
 デジカメ内のセンサーが捉えた光について、そのまま記録したのがRAWデータです。
 カメラメーカー独自の方式で記録するので、PCでは、専用の閲覧・現像用のソフトを入れなければ(おそらく)見ることはできません。

 RAWデータを持って、カメラ屋さんでプリントしてもらおうとしても、まず無理です。
 (カメラ屋さんでプリントしてもらうには、jpegデータが一般的です)

 さらにカメラの中では、センサーの信号を元にメーカー秘伝の画像処理を行い、一般的な画像形式であるjpegデータにしています。
 多くのデジカメが、RAWとjpeg(あとたまにtiffなど)の記録方法を選択できます。

10110605

 おおざっぱにまとめると、こんな感じです。
 センサーが光を感知
 ↓
 デジタル信号化→RAWデータ化
 ↓
 画像処理→jpegデータ化
 
10110606

 なおRAWデータは、センサーが捉えた光を高い精度で記録しているので、データ量が大きくなります。
 一方jpegデータは、処理を終え不要になったデータを削ったものなので、小さくなります。

10110607

 最初は意味が分からず悩みました。
 光の厳密な情報はRAWデータなんでしょう?
 それの方が緻密な画像になるんじゃないのかって。
 そう、画像処理の部分が理解できていなかったのです。
 画像処理の威力を思い知ったのは、自分で「現像」をするようになってからです。
 この辺の話はまた、次回に

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード