2011-04

夜半の桜を

 私が住んでいるあたりのソメイヨシノは、おおかた葉桜になりました。
 そしてこのブログの画像は、いつも遅れて季節を追いかけます。

 つまり、
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・



 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 これから桜祭りが始まるよ~!

11042302

 まずは、ことりと行く夜桜見物です。

 去年、夜桜を撮ったのと同じ場所へ行ってきました。
 去年より暗いです。
 今年は提灯によるライトアップがありませんでしたから。

11042301

 街灯の色の影響がもろに出ていますね。
 赤や黄色が色濃く出て、なかなか思った色になりません。

11042303

 明るさの変化も大きいです。
 しばらくいろいろ考えながら撮っていたのですが、そのうち考えるのをやめました。
 (今の自分ではどうにもならない)

11042304

 後半は好きなようにセットして、こんな感じかな~とお気楽にシャッターをきっていました。
 去年の方がキレイに撮れているかも。
 横着しすぎたかな。

 夜の撮影は1枚1枚に時間がかかりますね。
 あまり撮影枚数は伸びませんでした。
 例によってブレや露出不良などの残念画像も多く、見直しながらやっぱり難しいなぁとつぶやいていました。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

その果実を求めて

 前回の続きです。

11042001

 今、トマトの品種って8000種以上あるそうです。 
 ずいぶんと品種改良が進んでいる野菜なのですね。

 植物の品種改良って、何を目指してでおこなわれるのでしょうか?
 ちょっと調べてみました。

11042002

 食味の向上、耐病性、耐寒性、耐暑性、耐虫性、減肥や多肥での栽培、密植可能、矮性、多収穫などなど。

 えーっと、まとめると 
 ・品質の良いものを、(「顧客が求めるものを」かな)
 ・できるだけお金や人手や土地を使わずに、
 ・たくさん作れるようにする
 ということでした。

 工業製品と発想はあまり変わりません。
 (いや発想としては、こちらが先なのかもしれません)

11042003

 さて、話をトマトに戻します。
 以前のトマトは、産地の近くですぐに消費される場合を除いて、多くがまだ果実が青い段階で収穫されていました。
 完熟したものを出荷してしまうと、輸送中や店頭に並んでいる間に傷んでしまうからです。
 輸送途中で赤く色づく方法では、店頭で赤い色をしていても、味や香りもないトマトができてしまうのは当然です。
 そう、あの頃食べたトマトが青臭かったのはこういう理由もあったのでしょう。
 そして幼稚園で食べたおいしいトマトは完熟したものだったんだな。

11042004

 完熟したトマトが痛みやすいのは、その柔らかさに原因がありました。
 ならば完熟後に出荷しても傷まないトマトを作るには、実を硬くしてやればいい。
 (こうした保存性・輸送性という品質の視点もあるのですね)
 ただ、それ以前も完熟しても固いトマトもあるにはあったのです。
 でも消費者に受け入れられる色ではなかったようです。

 こうして甘さ・硬さ・消費者に受け入れられる色を目標に開発が進められました。
 (色も品質向上に入るのか)
 その結果、開発された新しい品種が、1980年代から市場に出回るようになっていきました。

 私がトマトを平気になっていったのは、こうした理由もあったのです。
 (もちろん物流システムの進歩もあったでしょう)

11042005

 ただ・・・ね。
 今でも私、トマトジュースが苦手なんです。

 

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

気まぐれヴィーナス

11041805

 みなさん、苦手な食べ物ってありますか?
 私にはあります。
 変なところに地雷があると評されたこともあります。
 (不本意だ)

11041802

 以前は苦手でしたが、食べられるようになったものもあります。

 Solanum lycopersicum
 南米原産のナスの仲間
 果実を食します。
 緑黄色野菜でもあります。
 (赤い果実を見ることが多いですかね)

11041801

 幼い頃、トマトが苦手でした。
 青臭かったり、種の部分がすっぱかったり。
 
 そんな私にあるきっかけが訪れました。
 幼稚園のカレーパーティー(たしかそんなイベント)で出されたトマト。
 なんとなく拒否できない空気に逆らえず口にしました。
 ちょっと軟らかく、甘さが印象的でした。

11041803
 
 これで少しだけハードルが低くなりました。
 でもハズレと感じることも多かったのです。
 (何度だまされたと思ったことか)
 それがだんだんと減っていき、今は平気で食べられます。

11041804

 はて、何があったんだろう?
 どうして?
 嗜好が変わったのでしょうか。
 慣れたのでしょうか。

 今のトマトで青臭さを感じることってあまりないんだけどなぁ。
 そして、あのきっかけの果実はなんだったのでしょうか。

 続きがあったりします

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

薄明かりの密室で

11041701

 さて画像は、イベントの日に泊まった宿で撮ったものです。
 なんやかやと、いつものことになりつつあります。
 (これとかこれとかこれとか

11041702

 新しいカメラになって、高感度設定にしても満足の行く画質を得やすくなりました。
 レンズの手ぶれ補正もありますし、以前より格段に撮りやすくなりました。
 機械に頼りきりなので、機能の向上が実にありがたいです。

11041703

 それでもアルコールが入っていたせいもあるのでしょう。
 いつもと比べて雑というか、おおらかな撮り方になっていたようです。
 あとで見直すと、手ブレ・ピンボケがずいぶんありました。
 (アルコールがなくても変わらなかったかもしれませんが)

11041704

 イベント会場より気楽にセッティングして、好きなアングルから撮れます。
 自然と枚数が増えていきました。

11041705

 

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

どこへ行っても

 前回のイベント画像の続きです。
 とはいえ、イベントの様子とかを期待されても困るような内容です。

11041501

 画像が多めなので、記事をたたみます

どこへ行っても »

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード