2011-04

もっと気軽に

 撮影行の装備について、以前書きました
 (おかげさまで結構前の記事になりました)
 徒歩や列車での長距離移動の際は、出来るだけ荷物は軽くしたいです。
 (先日の雪山とかね)
 今回はその最少構成を考えてみます。

11041202

 えーっと、必要なもの・・・。
 カメラ、ドール、レフ板。
 以上。

11041203

 別にゴツいカメラである必要はありません。
 私がデジタル一眼レフカメラを使うのは、自分にとってこれの方が、撮りやすくて思った画像を得やすいだけですから。
 コンパクトデジカメの簡便さはやっぱりすごいです。

 出かける前に、記録メディアと電池残量・ISO感度・ホワイトバランス(あとAE)のチェックを。
 現地で気づいても後の祭りだったり、ついすぐに撮り始めてあとであれ?ってことも。

 レンズは言い始めるとキリがありません。
 今1本だけつけて出かけるならば、このズームレンズです。
 でもうちにあるもので最も信頼しているのは、こちらの50mmレンズです。
 複数本持って行く時は、この50mmがデフォルトです。

11041201

 モデルについては、メンテナンスや扱い方が人によってあまりにも違うので今回は省略します。

 レフ板ですが、被写体に光を反射させて使います。
 髪のつやを出したり、アイに光を入れたり、影を弱めて立体感を調節したりと、重宝します。
 代用品としては、白いボードやスケッチブックにアルミ箔を貼っておき、必要に応じて白と銀を使い分けるなんて方法もあります。

 フラッシュを内蔵しているカメラも多いですね。
 そのままでは光が強すぎることがあります。
 そんな時は設定で減光したり、布や紙で拡散(ディフューズ)させて、調整しています。

11041204

 もちろん、普段は交換レンズや外付けフラッシュ、三脚、スタンド、メンテナンス用品など他にもいろいろ持っていきます。
 そのほうがセッティングや表現の幅が広がり、またモデルや機材の安全性も高まりますから。
 でも全部をいつも持っていけるわけではありません。
 最低限必要なものってなんだろうということで、今回考えてみました。
 (撮ってみようかなという方の助けになるかもという、余計なお世話な一面もあります)

 日増しに暖かくなり、さまざまな花が咲きほこる頃。
 外撮りの機会も増えそうです。

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード