2011-04

輝く桜花の下で

 この撮影では、桜の季節としてはずいぶん気温が下がりました。
 天気予報で確認していたので、今回はきちんと防寒していきました。
 (過去の教訓が生かされている)

11042401

 ひとりでここに来ている方はほとんどいませんでした。
 カップルかそうでなければ、大グループ。
 でも寒さで長居しづらかったようです。

11042402

 中には例外も。
 二十歳くらいのグループがひとしきり飲み食いを終えました。
 皆がさかんに寒い寒いと言っていたので、そろそろ帰るのかなと思っていました。
 (これがまたたいへんよい位置に陣取っていましたので、気になっていたのです)

 このとき、午前1時30分。
 公園には彼らと私しかいませんでした。

11042406

 突然、2人ほどを残して散開!
 えっ?

11042404

 しばらくして、2人は散った仲間を探し始めました。
 そして追っかけてる!
 (まるで夜行性の肉食動物のようでした)

 真夜中の鬼ごっこ。
 (これが若さか・・・)

11042403

 捕獲された獲物たちは、先の飲み会会場にプール。
 (どうでもいいやという顔でまた飲んでいる人も)
 一方、かなり本気で逃げている人もいました。

 この公園は丘の上にあり、それなりに広いです。
 夜の闇に隠れると探すのは結構面倒です。

 鬼はおもむろに携帯電話を取り出して、ボタンをプッシュ。
 呼び出し音が鳴り、暗闇に液晶画面の光が。
 (スネーク発見時の効果音が聞こえた気がしました)
 君ら、どこまで本気なんだ。

11042405
 
 そのときの私ですか?
 いつも通り撮影していましたよ。

 それぞれの春の夜。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード