2011-06

おつかいも冒険の始まり

 xの値を求めよ。
 2x+2=10

11063001

 知り合いの息子さんの答案。
 2x+2=10
   =8
   =4

 これはまたやっかいな症状です。
 xの値を導くことは出来ています。
 解き方が分かっていない訳ではないようです。
 でも、これでは・・・。

11063002

 計算過程の記述が出来ていません。
 図形の証明問題でも同じような傾向が見られました。
 なまじすぐに解き方や答えが分かってしまうために、それを説明するのが面倒なんだろうな。
 後になって、自分がどこでつまずいたか検証できないでしょうに。
 (そもそも見直さないか)

 自分は解ける・分かっていると、甘えてしまっているのか。
 (そんなの見たらわかるじゃ~んってな感じで)

11063003

 中学・高校の数学(理科も)は、ただ答えを求めるだけが目的ではありません。
 知識を元に自分の考えを構築し、皆に分かるよう表現する技術。
 これを身につけるのも目的の1つ。

 もちろん理屈じゃなく答えが先にあるものも、世の中にはあります。
 長々とした講釈はいいから、さっさと答えだけくれってこともあります。
 それでも、説明も無く答えだけで納得しろって言われても、なかなか難しいことも多いでしょう。
 他者の説明を理解するのにも役立ちますし。
 人にしかできない、身につける価値のある技術なんじゃないかな。
 (でも、後になって分かることなのかもなぁ)

 はてさて世にはびこる説明不足は、何が原因でしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード