2011-10

一期一会

11100501

 遠征先でのこと。
 とあるお店で限定品が残っているのを見つけました。
 以前諸々の理由でスルーしながら、気になり続けていたもの。
 当然、最後の1つ。
 帰りの時間も迫っていました。 

11100502

 すると周囲から・・・、
 「今行かないと、きっともう出会えないだろうね」
 「これは縁があるんだよ」
 「悩んでいるってことは、もう1歩踏み出してるじゃないか。何をためらうんだい?」
 「後悔は充分したじゃないか、行っておいで」
 「バットは振らなきゃ、あたらないよ」
 「逃した獲物は大きいというけれど、手にしてこその獲物だよ」
 「あれはいいものだ」
 「さあ、今すぐ契約を」
 なんていう(たいへんにいい笑顔の)囁きが。
 やめてやめて、そんなこと言わないで、どうしようボクこまっちゃう
 という前後不覚な状態に陥ったのでした。

11100503

 一方、今度は見る側。
 イベントにおけるメーカーの限定品販売。
 仲間の声援に囲まれて、苦悩する漢の姿がありました。

 限定品購入権はクジで決められることになっていました。
 とても欲しいけれど、懐具合は寒い。
 あきらめるつもりでひいたクジは見事にはずれ、気持ちの整理をした頃。
 誰かが、「当ったんだけど、どなたかいります?」
 停止したはずの時限爆弾が息を吹き返しました。

11100504

 爆弾に這う2本のリード線。
 どちらかが起爆、どちらかが停止。
 刻々と迫る制限時間。
 工具を手に逡巡する姿と重なりました。

 当たりくじを前に時間いっぱいまで悩みつくし、
 覚悟を決めてお迎えに行く彼の後姿はまぶしかった。

11100505

 他人事だとそれはそれは愉快ですが、
 いつまた我が身に降りかかることか。

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード