2012-07

熱暴走する5秒前

12073101

 連日の猛暑。
 最高気温は余裕の30度越え。
 みなさん、焦げていませんか?
 融けていませんか?

12073102

 室内でも油断大敵。
 建物自体が熱せられて、まるで石釜。
 遠赤外線効果で体の芯まで火が通ります。

 うちは窓を全開にしても風の通りが悪く、外の方が涼しかったなんてことも。
 扇風機も熱い空気を空しくかき回しています。
 エアコンを点けたときの生き返った感は、ちょっと他にない感覚。
 本当にエアコン様さまです。

12073104

 ドールの外皮も冬では考えられない柔らかさです。
 さすがソフトビニール製。
 ヘッドを開けるのも、ずいぶん簡単でした。
 この機会にちょっとメンテナンスをしておこうかな。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

知らずに歩く道

 さて、九州旅行記も今回がラストです。
 (旅の始まりはこちら

12072911

 前回のレトロな駅から、こちら↑に移動しました。

12072912

12072901

12072902

 駅で駅弁(かしわ飯)を買ってみました。
 この日の昼食です。

12072913

 渡船に乗って、対岸へ。

12072914

12072915

 数分間の船旅。
 他に乗っていたのは、学生さんたち。

 渡船を降りて、海沿いを駅に向かって歩きました。
 (太陽を遮るものが何もない・・・)

12072916

12072917

12072903

 風が強く、こちら側で撮ったナツキの画像は、これ1枚。

12072918

12072919

 ここはかつて石炭輸送が盛んだったところ。
 ですが今は意識してみないと、それを読み取るのは難しいです。
 この場所も往時は黒いダイヤが山積みされていたのでしょう。

12072924

12072920

 最盛期には、日本で一番貨物取り扱いの多い駅だったそうです。
 今はクレーンも無く貨物輸送も廃止され、純粋な旅客駅。

12072921

12072922

12072923

 キハ47に乗って、帰宅の途についたのでした。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

海風に建つ赤煉瓦

 夜にごそごそ撮影した翌日。(旅の始まりはこちら
 早起きをしてこちらへ。

12072824

12072820

 関門トンネルが開通するまでは九州の鉄道の玄関口。
 大陸への結節点。

12072821

 それでは、行ってみましょう。

12072802

12072803

 レトロ地区をそぞろ歩き。

12072804

12072805

12072806


12072801

 ちょいと歩いて橋の方へ。

12072822

 日差しが強く、じりじりと焼かれます。
 風が強くなってきました。

12072807

 時折、波も打ち上げていました。

12072808

 さて駅に戻って、次の目的地に。

12072823

 続きます

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

夜更けの明かり

 解散後、新月さんに福岡まで車で送っていただきました。
 いっしょにドール関連のお店をハシゴして、JRの駅へ。
 雨でダイヤがずいぶん乱れていました。
 (旅の始まりはこちら、そして前回の記事はこちら

12072701

 当初の予定では夜景を撮りに行く予定でしたが、あいにくの雨。
 で、こうなりました。

12072702

 宿でのひとり撮影会。
 (平常運転・・・)

12072703

12072704

12072705

 夜の遅くに、がさがさごそごそ。

12072706

12072707

 でも、だんだん眠気が勝ってきました。

12072708

 それでは、おやすみなさい。
 続きます

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

夏の手前

12072601

 高原で開催されたオフ会。(前回はこちら
 今回は貸別荘での合宿形式。

12072602

 朝、ちょっと早起きしてベランダで何枚か撮影。

12072603

12072604

 別荘周辺も少し歩いてみました。

12072605

12072606

12072607

 夕飯のバーベキューそして朝食と、2人のシェフが大活躍。
 非常に充実した食事をいただきました。
 (本当にすごかった)

 宿を引き払った後、見晴らしのよい広場へ移動。

12072608

12072609

 撮り終わり片付けた頃、突然の雨。
 広場の近くの食堂で昼食。
 その後、解散となりました。

 続きの記事はこちら

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード