2013-04

水ほとばしる

 今年のゴールデンウィークは3-3-4。
 暦上では谷間の平日が3日間と、泣き別れ連休です。
 (10連休という方もいれば、何が黄金週間だという方もおられるでしょうが)

 ちょいと気合が乗らない4月の最終日。

13043001

 今日の画像は、ハードディスクを漁っていたら出てきたものです。
 (これを撮りにいったのは、もう2年前か)

 この日はなんというか、
 竿を振り糸をたれても魚がいる気配がしない感じで手ごたえがちっともなく、
 やけに撮りにくかった記憶があります。

13043003

 公園の蛇口って、
 栓を押さえていないと勝手に戻ったり、向きが悪かったり、
 水圧がでたらめだったり、背景が雑然としていたり、
 意外と思うようなものに出会えません。

13043002

 今撮ったらどうなるだろうと思いながら再び訪れたところ、蛇口の栓が外されていました。
 理想の蛇口を求める俺の旅は、まだ始まったばかり!

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

漂泊する新人

13042807

 ついにゴールデンウィークが始まりました。
 道に駅に空港に、田舎までも人があふれています。
 普段、いったいどれだけ効率的に整理収納されているのか。

 多くのイベントが開かれる期間でもあります。
 私はというと、皆さんのレポートをいいなぁと眺めることになりそうです。
 (今日あったイベントについても楽しみにしています)

13042805

13042803

 画像は前回に続いて、DDの07ヘッドの子です。
 名前をまだつけていないのでしかたがないとはいえ、なんとも味気ない呼び方です。

13042808

 メンバーが着実に増えています。
 2人目のさくらのことも、まだ宙に浮いているのに。
 (いや、この子のこともいろいろ考えてはいるんですよ)

13042809

 ちょっと顔のアングルが似た感じの画像が多いです。
 写りがよさそうなところを見つけたと思って、そのまま頭が固まってしまったようです。

13042813

13042814

 この子の名前も考えないとな。

花菜風

 今回の画像はまだ春浅い頃、菜の花の様子を見ようと出かけた時のもの。
 枚数が多めなので、とりあえず記事をたたみます

花菜風 »

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

はらぺこ☆あおむし

13042201

13042202

 昨夜はこと座流星群のピークということで、空を眺めてみました。
 が、雲で覆われており早々に断念。
 そして今夜は雨。
 次のチャンスを待つことにしましょう。

13042203

13042204

 さて今回は前回に絡んで、アブラナ科とアオムシのお話。
 アブラナ科の辛味は食害を避けるためだと、前回書きました
 ですが、モンシロチョウの幼虫がキャベツの葉を盛んに食べているのを
 見たことある方も多いでしょう。

 モンシロチョウは辛味の元になる物質(シニグリン)を感知して
 (つまりアブラナ科の植物を選んで)卵を産み付けます。
 また幼虫は、シニグリンがないと食べないのです。

13042205

13042206

 食べ物を巡る競争の回避でしょうか。
 進化の過程で克服していったのでしょう。
 困難を乗り越えてこそ、活路となる隙間(空いたニッチ)にたどり着けるのかもしれません。

13042208

13042207

 ああそうだ。
 食べられ傷つけられることで生じた辛味成分(アリルイソチオシアネート)は、
 アオムシの天敵である寄生バチを誘引します。
 寄生されたアオムシの姿は、なかなか凄惨な光景です。
 (ブルーオーシャンなんてなかったんや・・・)

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

なのはな組のおともだち

13042001

 幼い頃、キャベツの千切りがあまり好きではありませんでした。
 強い辛味を感じていたからです。

 それを食卓で言うと、 そんなことはない。気のせい。ちゃんと食べなさい。
 (残す気はなかったのに・・・)
 同じ理由で大根おろしも苦手でした。

13042002

13042005

 その後、キャベツにダイコン、そしてワサビもアブラナ科の一員であることを知りました。

 ワサビも?
 あのツンとした辛味と関係あるのかな。

13042003

 やっぱり関係ありました。
 辛味の正体はアリルイソチオシアネート(イソチオシアン酸アリル)。
 アブラナ科の植物なら、あっておかしくない物質でした。
 植物体が傷つくと、細胞中にある辛味成分の元が、酸素と酵素の影響で分解されて生じます。

13042004

13042006

 昆虫などの草食動物による食害から身を守るための物質と考えられています。
 子供心に苦手と感じたあたり、かなり効果ありそうです。

 今ですか?
 品種改良のためか、調理法の違いか、味覚が鈍くなったのか、
 それほど辛味を感じませんし嫌いではありません。
 でもたっぷり山盛りワサビには、近づきたくありませんけれどね。 

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード