2017-04

原子時計と蝶の羽

13100603

 雨上がりでやけに蒸し暑い、十月最初の日曜日。
 エアコンのスイッチを入れるかしばし葛藤。
 代わりに、まだ片付けていない扇風機でしのぎました。

 これからストンと気温が下がるのでしょうか。
 それはそれで体にこたえそうです。

13100604

 店に来年のカレンダーが並び始めました。
 午年の足音がかすかながら聞こえ始めたようです。

13100601

 新しいカレンダーでまず確認するのは、祝日と曜日の配置です。
 お正月やゴールデンウイークとか。
 後はイベント予定です。

13100605

 この先2014年と同じ曜日の並びになるのは、
 2025・2031・2042・2053・2059・2070・2081・2087・2098・・・・・
 来年どころか無限の未来まで、人々の行動の縦糸が定まっているようです。
 (暦が権力と無縁でいられないわけだ)

13100602

 縦糸が決まっていても、結局いつも行き当たりばったりです。
 結局不確定な要素が入り込んでしまうので。(言い訳)

 決まりすぎているのも息苦しいですけれど、
 我ながらあんまりいいかげんなのも考えものです。 
 時間にルーズなのと同様、社会性に問題ありってことか。
 周りにとって迷惑でしょうし、自分の得にはならないよなぁ。

13100606

 でも暦や時間に逆らうって、宇宙の仕組みに逆らっている感じがしませんか?
 (書いてて何かおかしいと自分でも思う)

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/1079-113b4772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード