2017-11

語れる高性能。

13101101

 D7000が壊れて数日。
 隠居していたD80を久しぶりに本気で使っています。
 困っているのは、AFがちょっと後ピン気味なこと。
 横着せずに調整に出しておけばよかったな。

13101102

 えーっと、今回の記事の画像はD7000で撮影したものです。
 (念のため)

13101103

 機能面はあーこんな感じだったと、使っていた頃を思い出しながらシャッターを切っています。
 もちろんどうしてもD7000を使っていたときの感覚も入り込んで「あれ?」ってことも。
 使う側として、これは進歩か変化か退化なのか。
 (たぶん全部) 

13101104

 吐き出す画像を比較すると、ずいぶん違うものです。
 D7000に乗り換えたとき以上にその違いを感じます。
 画像の見方が以前よりうるさくなったのでしょうか。
 (「写真」の見方ではなく、機械が出した「画像」の見方のお話)
 画素は荒いし、高感度にするとすぐにノイズが乗るし、彩度も妙に高いし・・・。
 (確かにうるさい)

13101105

 そうした違いもひっくるめて、楽しんでいます。
 使いやすくて必要なものがきちんとそろっているD80。
 やっぱりいいカメラです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/1082-264e6ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード