2017-10

塩焼く島

 昨夜は「こと座流星群」が極大でした。
 ピークの時間帯は午前3時頃。
 ただし、私が住む辺りの月の出は午前1時すぎでした。
 残念ながら明るい月の光は、弱い光を見えにくくしてしまいます。
 月が昇る前に眺めたものの、
 墨染めを背景に赤く光る火星が雲のベール越しわずかに見えるばかり。

 今夜もしばらく眺めていましたが、ちょっと縁が無かったようです。

14042413

 瀬戸大橋を眺めるとある島の旅、第6回。
 それでは記事をたたみます

14042407

 レンタサイクルで移動中、目を引く建物がありました。

14042409

 天に突き出した煙突、釜があるのか。

14042408

 青空に映えるなぁ。

14042401

14042402

 地層のように積み重なった土の壁。
 ひょっとして版築?

14042403

14042404

 調べてみると、
 瀬戸内海の島々を会場とした芸術祭に関係した作品の1つでした。

14042405

14042406

 この島は古くから船大工が育っており、
 それが長じて多くの大工や家具職人を輩出しました。
 (先日の大黒天の鏝絵も、出稼ぎ先から帰った職人がこしらえた物らしい)
 この作品はこのあたりの島々に関わる現代の職人が協力して、
 新しい視点を加えて製作されました。

14042415

14042416

14042417

 港のそばの休憩場所とおぼしき建物にも鏝絵。
 わりと最近作られたもののようです。
 なんとも素朴な感じに仕上げてありました。

14042410

14042411

 太陽もずいぶん傾いてきました。
 レンタサイクルを返却して、
 出港の時間です。

14042418

14042419

14042420

 来た時と同じように橋の下を航行。
 一時、雨を心配しましたが幸い、杞憂に終わりました。

14042423

14042424

 船から鉄路へ乗り換え。

14042414

 次はどこへ行こうかな。

 
スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

拍手コメントをくださったSさまへ

 行けるうちにと、ちょろちょろと動いています。

 楽しんでいただけているようですね。
 身近な世界にいつもと違う何かを見ていただけたのだとすれば、とてもうれしいです。
 時間の関係でいけませんでしたが、この島もまだまだ面白そうな場所がありましたよ。

 今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/1166-a11326a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード