2017-10

氷室開き

【氷室:ひむろ】
 氷や雪を蓄えることで冷温貯蔵庫として機能する施設。
 食品だけでなく、氷や雪そのものを保存する目的で使用されることも珍しくない。

 画像の枚数が多めなので、記事をたたみます

14081703

 こちらは雨雲で太陽が遮られいるとはいえ、蒸し暑さがこたえます。 
 冷たいものが欲しくなります。

14081702

14081707

14081704

14081705

 ・
 ・
 ・
 涼しげでしょう?

14081708

14081706

 あー、うん。
 いろいろとおかしいのは自覚しています。
 (毎年のことながら、どうしてこうなったんだろう)
 去年よりひどい気がします。

14081709

14081711

 また今年もやってしまいました・・・。

14081710

14081701

 雪スク祭りは続きます

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

キタァアアアアァーーーーーーァッ!!!!!
しかも蔵出し画像とはッ!!
既にヤル気マンマンじゃねぇッスかァッ!!
アツイッ!熱過ぎるッ!!

さすが皇帝閣下。
我々下々のモノには近づく事すら出来ぬ領域ですのぉ・・・

雪原の白と紺色が織り成すコントラスト…
真夏に一服の涼を得ました。

今年もありがとう♪(^-^)/

(;゚Д゚)!

こんばんはです。
雪景色にチョット困惑。(@_@;)
タイトルの氷室で納得しました。(笑
暑い夏に、これ以上ない涼をとらせて頂きました。
オシリ冷たそうです。((´д`))

お疲れ様です。

またまた凛ちゃんの水着につられて出てきちゃいました。
なんと言うかすごいですね。
白銀の世界にスク水、斜め上を行くとはこういうことですねw

いつもながら凛ちゃんの目には引き込まれますね。
「おじさんをそんな澄んだ目で見ないでおくれ。」w
いい物を見させていただきました、ありがとうございます。

thieriさまへ

 熱いコメントであるな。
 雪も蒸発しそうではないか。
 やる気も何もそなたらの熱意なくして公開は無かったのだぞ?
 その熱意あらば、余のいる場所など光よりもたやすく超えていくであろうよ。


げるさまへ

 お気に召したのであれば、これに勝る喜びはございません。
 今年もやってしまいましたよ・・・。

dabuwanさまへ

 あー、はい。
 なんだこれ?ですよねぇ。
 でも涼しげでしょう?
 (冬に見たら、絶対にこんな感想にはならないでしょうけれど)

 撮影で必要だったとはいえ、婦女子の腰を冷やしてしまいました。

 今年も~来たゼ! スク水~♪
お尻が冷たそうでブルリ(~_~;)

 この、皇帝陛下・スク水祭を見ないと夏は終われません。

 作品のホワイトバランス・色調が綺麗ですね。
肉眼で見たままの色調な感じで、見る者に訴えてきてる素晴らしい作品だと思います。
 この辺はニコンとキャノンの色調の出の違いと、陛下の長年の勘と腕の違いですね!?

 それにしても最初は、女の子に(氷責め)するのがお好きな方なのかとおもいました。(^_^;)

あずちさまへ

 いらっしゃいませ。

 斜め上ですか。
 確かにけれんみが強いですよね。
 これでも公開するか考えたんですよ~。

 凛よかったね。
 今年もあずちさんの目にかなったよ。

GJ !

流石です。
またも皇帝の名を高められましたな。



撮影時の状況を想像すると、寒さに震えながら
これを撮ってたというのが面白いですね。流石です。

多趣味な俊さまへ

 今年もやってしまいました。
 ええ、やってしまいましたとも。
 夏なんだか冬なんだか分からない画像ですけどね。
 
 女の子が楽しそうにしているのは好きですが、意に反して苦しそうなのはちょっとパスかな。
 氷漬けにしたらどんなのが撮れるかな、なんて思ったりはしますがね。(かなり猟奇的だ)

新月さまへ

 ヽ( ´¬`)ノ
 わ~い、褒められた~。
 ・
 ・
 ・
 どうしてこうなった?
 スク水の加護でしょうか?呪いでしょうか?

tsukasael696=埼忍☆喝破さまへ

 寒かったです。
 撮影しながら凛に「なんかごめん」って謝りそうなくらいには。
 楽しんでいいただけたのであれば、何よりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/1209-6921eb49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード