2017-08

教えて、プリーズ

 画像は紅葉が見られるかと、先週の土曜日に近所の山で撮ったものです。
 葉は色づき始めといったところ。

 撮影中、幼稚園(保育所?)の集団が散歩を始めました。
 彼らの行動にリミッターはありません。
 やむなく奥深くに移動して(潜んで)、撮影することに。
 遠くから歓声が聞こえてきます。
 まあ、来ないだろうといったあたりで撮影再開。

 と思ったら、日が沈んで山の影に入り、見る見る光量が落ちていきました。
 なんとか見られそうな1枚を撮って撤収。

09102701

 夏からずっとシャワーで過ごしていましたが、寒さに負けてついに湯船を清掃しました。
 ついでに風呂釜も掃除しました。
 使っていないのに、なぜあんなに汚れるのか?
 いやまあ、中に蜘蛛なんかが入り込んでいたようだから、仕方が無いのですが。

 これで、肩こりも少しはほぐれるでしょうか。

お願い:
 ナツキの眉の色をもう少し濃くしたいのですが、何か手は無いでしょうか。

 技術が無いので、リキテックスやファレホなどによる筆塗りは避けたいのです。
 クリアーを吹いた後、水彩色鉛筆という案もあるのですが、外で濡らすこともあるし・・・。
 普通の色鉛筆を使った後、上からクリアーを吹いても大丈夫かなぁ?

 何か良い方法をご存知でしたら、教えていただけませんか?

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

引用ですが

私の拙いカスタム娘、綾はパステルと水性アクリル絵の具でメイクしましたので、私が教本にさせていただいているサイト(2年前に更新停止)からの引用ですが、
http://cross.cside.com/vamp/howto/M1.html#sagyou
のページの『作業過程』に

# アクリル絵の具、水彩色鉛筆にてライン入れ
# コーティング3回目

とありますから、たぶん大丈夫のようです。
たぶんで申し訳ないのですが・・・i-202
ちなみに、綾はパステルの上からクリアーを吹いています。

そ!…その痛いじゃ無いんだからね!

お風呂はイイよねw
リリンが生み出した、最高の癒しだよ(^-^
屋外の撮影は、他人の声や姿が異常に目に付くよね…
それが原因で?私は怪我するし、買って6日目のデジカメをメーカー修理に出すハメにorz
DD初めて、およそ一ヵ月半。
色んな意味で、「痛い」事がいっぱいです(^▽^

DMYSYS様へ

 アドバイスありがとうございます!
 紹介していただいたサイトも参考になりました。

 使用環境が一般的でないのが、少しばかり気になりますが。
 色鉛筆でやってみようかと思います。

ゆかりねこ様へ

 コメントありがとうございます。
 久しぶりに長湯。
 翌日、体が軽い気がしました。

 ほんと、気配に敏感になりますね。
 逃走撤収できないと判断したら、そのまま続行するようにしています。
 私もいくつか酷い目に遭いましたので。
 落したり、忘れたり、汚したり、失くしたり、傷つけたり、傷ついたり、付いてこられたり。

 お大事に。

屋外は気合だ!

体育会系のノリですねぇー(笑)
多少は人目に慣れておかないと、怪しい人に間違えられます。
(自分が怪しくないかはともかくですが。)

人が来たら、ちょっと挨拶して(重要!)そのままなにごとも無かった風に撮影続行。
心のリミッターが外れるまではドキドキものですが、慣れてしまうと結構平気なものです。

ただ屋外撮影は傷ついたり汚れたりは不可避です。
その覚悟はしておかないと、あとですごく後悔というか泣きますよね。

新月様へ

 ようこそ、いらっしゃいませ。
 コメントありがとうございます。
 体育会系ですねぇ。

 はっきりとした声で挨拶するって大切。
 相手の中の「不審者レベル」が、カクンと落ちるのがはっきり分かりますから。
 現場に臨んでは、臨機応変な行動が大事とか言ってみる。

 ドール野外撮影版マーフィーの法則がありそうです。  

 覚悟はしているつもりですが、「orz」状態になるのは避けられそうにありません。
 無理はしても、無茶はしないさせないのを心がけています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/125-9378d6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード