2017-10

デビルイヤーは地獄耳

10070401

 前回からの愛佳の画像は、広島SRのセットで撮ったものです。
 ここのセットはショーウィンドウを挟んで、店の外の通路に面しています。
 (互いの様子は見えないようになっています)
 なので撮影中、通りすがりのお客さんの声がよく聞こえました。
 
10070402

 ショーウィンドウには、各種のドールたちが飾られています。
 で、一般の人がそれを見た感想が耳に入ってきたのです。

 ドールを気に入る人も結構いました。
 中には気に入っても、仲間内では否定的に言っておくといった空気も感じました。
 まあ、ハナっからアウトという人たちも。

 耳に残ったのは、「なんだか怖い」というものでした。
 これは撮影中数人かいました。 
 特に、グラスアイに反応しているようでした。

10070403

 なんというか。
 忘れていた感覚でした。 
 初めて見た時は、確かに怖かった記憶があります。
 ましてグラスアイ単体は、「え?目玉でしょ、これ」とドン引きしていました。
 
 それが・・・。
 どうしてこうなった?
 なんて思いながら、ファインダーを覗いていました。
 (うちでは、愛佳はノーマルのままですが、他の大きな子はグラスアイです)

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

不気味の谷ですね

ロボット工学用語ですが、最近はドールの世界にもよく引き合いに出される言葉です。
ドールという無機物に意思(の様な錯覚)を感じてしまうのが、快感になってしまった誰かさんには無縁の言葉ですが。(苦笑)

確かにアキバでもそういう雰囲気は・・・有るです。
特にラヂヲ会館だと駅近なんで一般人比率も高まり
観光地化してるのも有り、特に感じますね。

ヲタ自認してるから気にしないけどネ!
デビルビィィ~ムッ!!

初めてコメントさせていただきます。
Magical-Magnetic StudioのHapiBeatと申します。
いつも綺麗なお写真、楽しく拝見させていただいております。

グラスアイ、私も最初ちょっと怖かった覚えがあります。
DDのようなアニメティックアイは抵抗が無かったですが。
今ではグラスアイも全く平気です(^v^;

私の家族にもドールが苦手な者が居りますが、聞いてみるとやはり「眼が怖い」とのこと。
ホラー映画などの影響もあるかもしれないかな、と勝手に推察しています(^^;

グラスアイにすると、なんといいますか、「眼力」がアップする感じがします。
我が家のDD達にも試してみたいアイテムですね。

また寄らせてもらいますね。

新月さまへ

 ドールに何を投影したり、意味を見出すかって事なんでしょうね。
 ヒトの「バッタモン(偽物)」「(デフォルメではなく)劣化再現」と捉えると、気色悪いなんて思うかも。

thieriさまへ

 好悪が割合はっきり分かれる趣味のようです。

 アキバはもう10年近く行ってません。
 ずいぶん変わったのでしょうね。

一定以上に人に近づくと恐怖心を煽るようなもので、悲しいけど初期では正常な反応なのでしょうね・・・
実際に手を加えて接していくと愛着が沸いて不可欠な存在になるのに・・・(ぉ

すきだなぁ!だって、可愛いじゃん♪(個人の感想です☆

HapiBeat様へ

 いらっしゃいませ。
 コメントありがとうございます。

 グラスアイを「目玉」としてではなく、「工芸品」としてみるようになってから怖さを感じなくなりました。
 ああ、キレイなもんだな、と。
 発色とか気泡とか使いやすさとか、そんな視点になってしまいました。

 チャッキー人形は、今もスゲー怖いです。(/;°ロ°)/ 
 ホラー映画が苦手というのもありますが。

 よかったらぜひ。
 ずいぶん雰囲気が変わります。
 1つ1つ微妙に違うので、お店で試着してみてはいかがでしょうか。

 気が向いたときにお越しいただけたら、うれしいです。

Kisaragiさまへ

 さらに一歩進んで人に似すぎというのも、幻滅でしょうし。

 「最初の一歩」は、かなり自分の中で「大きな一歩」でした。
 それから、いろいろ積み重なってきたものはありますね。

 「かわいいは正義」ですか。
 異存ございません。(現時点での、個人的な感想です)

日本語吹き替え版はNG

アイム、チャッキー!HAHAHAHAHA!

逆に、私はグラスアイしか考えてません(^▽^
最初の娘は真っ赤なグラスアイなので、一定のポーズとアングルが合ってしまうと、悲しそうな恨めしそうな感じに見える事もあります…

よし!
次の衣装は黒い和服にして、大鎌でも持たせるかw

ゆかりねこさまへ

 イ~ヤ~~!!(((p(>o<)q)))

 赤いグラスアイですか。
 かなり眼力の強い子になりますね。

 闇夜に目が光って見えると、インパクトがありそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/335-61807a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード