2017-06

包み隠して守ります

10101704

 本屋で本を買うと。「ブックカバーはつけますか?」と訊ねられます。
 何のためにブックカバーをつけるのでしょうか。

10101702

 本の保護のためでしょうか。
 学生時代のある先輩が、マンガの単行本全てにカバーをつけていました。
 手製で。
 壁一面に白い背表紙が並んでいました。
 訊くと、日焼けと手垢から守るためだとか。

10101706

 ある特定の本屋のブックカバーしか着けないという方もおられますね。
 デザインが気に入っているのか。
 何かのこだわりなのか。
 (特定の百貨店やブランドの紙袋に何がしかの意味があるように)

10101703

 通勤電車で本を読むという方も多いでしょうね。
 そんなときのカバーはちょっと違う意味かもしれません。
 「自分が何を読んでいるのか、人に分からないようにしたい」

 分かります。
 本にはその人の嗜好が現れますから。
 (本棚は脳内の延長に他ならない)

10101712

 違った例でいくと・・・、
 通勤列車の中で、可憐な(私の主観)女性がシンプルなブックカバーをつけた文庫本を読んでいたのです。
 何かの拍子に中身が見えました。(見えてしまった)

 私には人を見る目がないと、まざまざと知らされた朝でした。
 (どんな内容だったかはご想像におまかせします)
 (通勤電車の中であれを読めるのか・・・)
 カバー大事、すごい大事。
 秘するが花とは、至言です。

10101701

 話がずれましたね。
 私の場合、基本的にカバーをつけません。

 みなさんは、本屋でカバーをもらいますか?

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

はじめまして いつ見ても綺麗なお写真
桜かわいいですよねぇ

透明感のある写真が
オーナー様の何事をも包み隠さないと言う
信念を映し出しているような感じがします

blog上で全てをさらけ出すその男らしさに惚れてしまいそうです
自分にはそこまでカミングアウトすることは出来ないですよ~

これからも色々と頑張ってください 応援しています

あ 私もつけないけど~
だって読んでる本がでかすぎて

カバーなんてーー無いですo(〃'▽'〃)oあははっ♪
たとえば グルメマップ本とか
歩く地図本だから~

そういう本しか 読まない人だったりして
(´∀`;Aへへ

秘すれば花

私は、文庫本用の革製のブックカバーを愛用しています。時々分厚すぎて使えない時があったりしますけど。
付け替えるのが面倒な時や、ハードカバー本を電車内で読んだりする時は、本に元々ついている紙製のカバーを裏返して、即席の白いカバーにして読んだりします。
可憐な女性の読んでいた本、気になります。あちこちの出版社の名前が脳裏を掠めました。
(えっと、私の想像は邪すぎるかもしれません。)

やっくんさまへ

 いらっしゃいませ。
 ありがとうございます。

 まだ、クセをつかみきれませんが、桜のかわいらしさがだせていたらいいな。

 全てって、そんな御無体な。
 出来る範囲でさらけ出しながら、がんばります。

mamikaさまへ

 カバーが無いほど大きな本って?
 と思っていたら、納得しました。

 るるぶとかの観光ガイドでしょうか。
 あれはカバーがかけられるサイズではないですね。
 そもそもいらないタイプの本ですし。

 今はネットでお金をかけずにいろいろ調べられますし、意識しないと本って手に取らないものになり始めているのかもしれませんね。

いつも「いらないよぉ~」派でござる。

その女性の読んでいた本が気になって
十円ハゲが出来そうなので教えてください。
御願いします。

色々と写真試してますね。
「動き」や「表情」が違います。
ますます素敵なお写真です。

伽羅さまへ

 読みやすさを考慮して文字が大きくなってきたせいか、文庫も分厚くなってきているようですね。
 それとも大作が増えたのでしょうか。

 好みの外装にすることで「私のもの」感が増して、本を大切にしているのだろうなぁ、という気がします。

 あ~、え~っと。
 どんなものを想像されたのでしょうか。
 邪かどうか、ちょっと教えてくださいな。(冗談です)

thieriさまへ

 エコなお人がいらっしゃった。

 円形脱毛症は、髪だけでなく腕や足、そしてまつ毛などにも発症する事があるとか、初めて知ったときはちょっと驚きました。
 お気をつけください。

 ありがとうございます。
 同じポーズでも、背景や撮る角度、絞りなどの違いで雰囲気が変わるので難しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/349-bcf72beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード