2017-10

レリーズ!

 露出度の違いが戦力の決定的差ではないということを
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 誰か教えてください。

 いらっしゃいませ。
 いつもと違う画像祭りの続きです。(前回はこちら
 例によって画像多めなので、記事をたたみます

10082601

10082602

10082603

10082604

 まだあるの?と思われた方もいたかもしれません。
 よくまあこれだけ撮ったなと、自分でも思う枚数になったのです。
 笑うしかないくらい、調子に乗って撮っていたということでしょう。
 (ブレまくり、ボケまくりでしたが)

10082605

10082606

10082607

 カメラのシャッター回数って、設計上どれくらいを想定しているのでしょう。
 デジカメを使うようになってシャッターを押す回数が莫大に増えたので、気になります。
 機種ごとに想定している使用者が違うので、耐久性も違うのでしょうね。

10082609

10082610

10082611

 自分のカメラの状態がを知りたくなったので、より細かくExifデータを読めるソフトをダウンロードしてみました。
 使ったソフトは、↓です。
 JpegAnalyzer Plus
 ダウンロード先(Vector)へ
 http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se257653.html

10082608

10082612

10082613

10082617

 編集後のjpeg画像はデータ量が減っているようだったので、RAWデータで調べてみました。
 考えていた以上に細かいデータが、画像1枚1枚に記録されていました。
 普段見えてるのは、本当に氷山の一角。
 カメラが製造されてからの総レリーズ回数も分かりました。

10082614

10082615

10082616

 63,353回。
 数字で示されて、改めて思わされます。
 これはちょっと多いのではないかと。
 D80のシャッターをそれだけの回数きったのか。
 銀塩カメラ時代には考えられない数です。
 でも、カメラ君。まだきみはがんばれるよね!

10082618

10082619

10082620

10082621

 画像とずれた文が続きましたが、違うことを書いていないと恥かしくて心がもたないのです。
 (だからこそ小出しにせず、一気呵成に画像を載せています)
 (来年はどうしよう)
 ともかく、これで今年の水着祭りは終了です。
 次回からは通常モードで。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

人間は努力を重ねてセンスを磨いて逝きますが
生まれ持った天性の物にはやはり適いません(´・ω・)

自分もスク水に関しては血の滲む様な修行を重ねてきましたが
aminoさんの域には到底及ばないようですv-12

本日ここにスク水皇帝、aminoの称号を褒め与えるものである

D80使いこんでますねーaminoさん
ちなみにD80は65535でカウントストップ致しますのでご了承くださいませ
(^౪^)

たまちゃんマンさまへ

 ある意味キリのいい数字でカンストするんだなぁ。
 って、おいらのカメラ、もう設計限界直前ってことかい?

 根拠はまったくありませんが、10万回くらいはもってくれると期待しているのですが。


 スク水皇帝?
 わたくしが?
 わたくし、そのような器ではございませ、いえ、けして、スク水で出来た冠をかぶるのが嫌だとかそのような理由では、ございません。
 スク水をもって地を治めるカイザーの地位、わたくしめには重うございます。
 いや、だから、スク水に聖水を含ませても嫌なものは嫌でございます。
 「これがおまえのルビコン川だ」?
 愚鈍の身にはおっしゃる意味が分かりかねます。
 なんですか、その笑顔は。
 もう1枚つけるよって、おっしゃっても、そんな。
 通販のおまけじゃないんですから。
 ジリジリ間合いをつめないで。
 おやめください。
 ひぃぃぃ!
 いやぁぁぁぁぁぁ!





 スク水こわい。
 たびにでます。
 さがさないでください。

↑このコメントの後にし辛いなぁ(笑)

まあでもかなぁり楽しませていただきましたヨ(爆)
おかげで腕立てやり過ぎで
マッシブな身体が入手出来そうです~。

カメラのシャッターの回数なんて考えた事無かった・・・・
機械なんだから当然耐用回数は設定されてるんだろうけど
果たしてどれくらいなんだろう??

クルマやバイクはその為の実車試験もやりますが
他の工業製品は・・・・わかんないや(笑)

thieriさまへ

 はずかしながら、かえってまいりました。
 ええ、もうらいじょうぶですじょ。

 逆三角形な体を手に入れて、彼女さんをお姫様抱っこ?

 扉やフスマの開閉耐久試験を見たことがあります。
 機械がひたすら開け閉めしていましたよ。
 スーッ、バタン、スーッ、バタン、スーッ、バタン、スーッ、バタン。
 と、いったかんじで延々と。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/379-e007871a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード