2017-07

ギヤが微妙に噛みあわない

10093001

 ウチでは、夏の間のお風呂はもっぱらシャワーです。
 ここ数日の冷え込みで、シャワーだけでは寒くなってきました。
 そろそろ湯船の準備をしようかな。

10093004

 さて今日も、撮影中のお話。
 ある花で知られた場所で撮っていた時のこと。

10093006

 (ここだけ視点変更)
 カメラを片手に花を物色しながら歩いていると、行く手にうずくまって盛んにシャッターを押している人物がいた。
 カメラの先には、花以外のものも「いた」。
 ・・・、人形?
 この人形を撮っていた人物が手を止めた。
 我々に気がついたらしい。
 こちらを向いて、挨拶をしてきた。

10093002

 (視点変更、私の視点に戻ります)
 「いいものを撮ってますね」
 「ありがとうございます」
 「ちょっと撮っていいですか?」
 「ああ、はい、どうぞ~」   
 やってきたカメラの一団は思い思いに、うちの子を撮っていました。
 (かなり無理な体勢になりながら撮っておられた方も)

10093003

 こちらも別角度から撮っていると、明らかにおかしな方向からシャッター音が。
 音の方を見ると、にこやかに撮影画面を見せてくれました。
 「ドールを撮っている私」画像を。
 (油断した!)

 「消した方がいい?」
 「お願いします」
 悪気がないのはよ~く分かっています。
 でもきっと私、笑いながらもかなり嫌な顔をしていたと思います。
 「個人で持っているだけだけどダメ?」
 「どこで知り合いに行き当たるか分からないので・・・」
 (世間は狭いんじゃよ)
 
10093005

 その後、彼らは仲間の元へ戻っていきました。
 向こうから話し声が聞こえます。
 「向こうでこういうの撮ってる人がいた」
 「えっ、人形?」
 「ホントに?」
 さらに、笑い声が聞こえてきました。

 本当に消してくれたのかな。
 信じるって大事ですよね、ね!

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

う~ん…
[ドールを撮っている人を撮る]のはモラルに欠けてると思うのは、私らの勝手なのだろうか( ̄~ ̄;
どの方向から考えても、「こんなヤツ居たでw」というネタとしか思えない…

列車の運行に支障をきたす(一部を除く)撮り鉄もそうだし、こないだ行った芸術の森でもモラルの欠片もない行動する人が居たし(;´д`)
通路以外の芝生が、「ただ通るだけで、そこまで荒れますか?」ってほど、耕されてた(´・ω・`;

そういうのはダメだと思います、はっきり迷惑ですと、
私は言い切ります、すいませんが、先客で居るので 
あちらで撮ってくださいませんか、それと このドールは私の所有物なので、
申し訳ないですけど写真は撮らないでください、同人雑誌に載せたりするのでと、
きっぱり言います、そういう おっさんとか 半分冷やかし多いので、電車の中で、
何人かの、写真仲間がワイワイ話してた時に卑猥な露天風呂写真撮れたよ~とか 
実にバカみたいな話していたので 呆れた事もあります

私の知り合いのカメラマンとか、人に迷惑かけないように、ひっそり絵を描くように
撮ってます、それが 写真を愛する大人 第三者の領域には踏み込まない
ルールじゃないかしら?ネッ

ゆかりねこさまへ

 ドールを撮っている立場としては、完全にアウトです。

 ただ、写真を撮る側としては、ついやってしまいがちなことでもあります。
 先に撮っていいですかなんていうと、カメラを意識してしまいますから。
 こちらが(油断して)あまりに堂々と撮っていたから、撮っちゃおなんて思ったのでしょう。

 今回のことは、ため息をついて今後に生かすことにします。

 きっとどこかで、私も何かをやってる・・・。
 キヲツケマス。

mamikaさまへ

 人それぞれに自分のテリトリーの設定の仕方が違います。
 自分中心に半径1mの人もいれば、見える範囲はオレ領域なんて人も。

 だからこそ、気を使いながらも自分の気持ちや意見を言うべき時には言わないと、翻弄されますね。
 言わなくても分かるだろうと期待するのは、裏切られた時哀しいです。
 空気は読んでもらえないと思った方がいいのでしょう。
 
 今回のことで、毅然とした態度も必要だと改めて痛感しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/414-1e990e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード