2017-10

暗室ビフォーアフター

10100501

 以前、画像処理兼画像管理ソフトのLightRoomを使っているとお伝えしました。
 このソフトをアップグレードしました。

 (リアンの髪が暴れています。お湯パーマで直るでしょうか)

10100502

 ダウンロードする方法もあったのですが、パッケージ版を入手しました。
 少しですがこちらの方が安かったのです。
 それと、ちょっとでも「実体」のあるものにお金を払いたいという、気持ちもありました。

10100503

 中身は、このCDーROM1枚だけ。
 かすかに納得できない自分がいます。
 バージョンアップなのでこれで十分なのは分かっています。
 やはり、どうもプログラムにお金を払うってのを理解し切れていないみたいです。
 ええ、お金を払うだけの価値を見出してはいるのですよ。
 ただ、ちぐはぐな感覚をもてあましているのです。
 (また、ぐだぐだが始まった)

 さて使い心地ですが、以前よりは若干軽くなったような気がします。
 シャープネスの機能も向上しているますね。
 露出を上げた時のノイズも少ないです。
 地味ながら、堅実な進歩が見られます。

 今回、購入に踏み切った要因の1つであるノイズ除去についてはまだ試している最中です。
 いつもはノイズが気になってしまうので、カメラの感度をISO800以上にしません。
 このソフトを使ったら,もう少し感度を上げても、納得できる画質が得られるかなと。
 ISO1600が使えたら、しめたものです。

 今後、三脚やスタンドのように、縁の下でがんばってもらいます。

  
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

ハードウェアとソフトウェアが揃って始めてコンピュータとして成立する、と頭では理解していても、実体のあるハードウェアは容易に納得できても、ソフトウェアは実体がないので何となく納得できない・・・PC始めた頃(もう20年程昔ですが)私もそう思った事があります。

自分でPCで絵を描いたり、自分の撮った写真を加工したり、大きい表計算データを作ったりしているうちに、データ制作の苦労が解ってきて、すんなり受け入れられた、という所でしょうか。

ただ、携帯電話やNet等の通信費に対しては、今もどこか納得しきれていない自分が居ります(^^;

やはり実体がない「モノ」は、上手く感覚を掴むのが難しいのだと思いますね。

私はイラストを描く都合で、Abode photoshop extended cs3

こちらは 手放せないです^^;アップデーにかなり

費用がいりますので まだ していません・・・・・

もう 10年以上 adobeさんに お世話になってるので

いまさら変える気もないから これからも これで行くかも

値段も 他の高性能のソフト20万とかのあるみたいだけど・・・

それは プロじゃないから~これでも高いと思うくらいなので

キリが無いですよね グラソフト・・・

りあんは ストパーにして 保管時は なるべく

帽子 または ビニールのテープのような物を

巻いておくといいかと思います

HapiBeatさまへ

 便利さに対して対価を払っている点では、運送や通信、保険、手続き代行などなど、いっぱいあるんですけどね。
 プログラムの使用権に対して、心の中での落ち着き先がまだ出来てないのかもしれません。
 (作るのがとてつもなく大変なのは理解しているつもりなんですけどねぇ)

mamikaさまへ

 一度、なじんでしまうとなかなか手放せなくなりますね。
 (だからこそアカデミックパックなんてものがあるんでしょうけど)
 (若い時に触らせて、ずーっと使ってもらうために)

 すごいソフトは、時に要求するスペックもすごいので、覚悟が入ります。
 (今回購入したものは、たいしたことありませんが)

 やっぱりお湯のお世話になりますか。
 すぐにクセがつくので、驚いています。
 髪の長い子より手間がかからないかなー、なんて思っていましたが、ちょっと予想外でした。

みんなやっぱ画像加工編集ソフトは使ってるんですか?
マタ半は撮りっぱです。

一応ソフト入ってます。
GIMPです。無料ソフトです。
殆ど使いませんが(w

thieriさまへ

 使っていない人も多いんじゃないでしょうか。

 トリミングや明るさの調節などをしたくなって、まずフリーの「Picasa3」を使っていました。
 で、触れる範囲を増やしたくなって、今のソフトを導入しました。
 画像整理も出来るので気にっています。

 私も「GIMP」が入っていますが、ほとんど使いません。
 (というか、使い切れません)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/420-b803232b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード