2017-10

夜のいろ

10101001

 桜を連れて、再び「夜」。
 フラッシュや長時間撮影の練習です。
 (黒桜セットを持っていたら面白かったかも?)

10101002

 今回は、少し彩度を落として現像しました。

10101003

10101004

 撮影中にもう1~2ヶ所、別の場所に光源が欲しくなりました。
 外部フラッシュでなんとか出来るようになりたいです。

10101005

10101006

 現像の途中で、モノクロにしてみたらどうだろうと思い、試してみました。
 それと、現像ソフトにフィルムっぽいノイズをのせるなんて機能があったので、使ってみました。
 (それっぽいかなぁ)

10101007

10101008

 カラーと比べて、印象がずいぶん変わりました。
 カラー以上に、光の方向や質の影響が如実に現れます。
 正攻法でないと形にならない気がします。
 モノクロって怖いなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

夜の撮影も趣があっていいですね。ぜひ挑戦してみたいです。
カーディガンの色もあってか、冷たい風が吹いてるように感じます。
紅葉とかはなくてもこれも秋らしい写真ですね。

秋も深まってきて夜になると肌寒い季節、という様な雰囲気が出てますね。

>正攻法でないと形にならない気がします。
そうそう! モノクロにするのはとても難しいです。

komoさまへ

 ありがとうございます。
 寒さこそありませんでしたが、日没時間の早さに秋の訪れを感じました。
 紅葉までもう少しかかりそうですが、秋をさがしてみます。

 

まちぽいさまへ

 ありがとうございます。
 難しいだけではさみしいので、少し意識して撮ってみようと思います。

彩度を落とし気味にしたせいか、どこか物悲しいといいますか、秋らしいトーンになっていると思います。
こういった落ち着いた色合い、良いですね。

モノクロはカラーよりも光のコントラストがシャープに見えますね。
写真に重みが加わったようにも感じます。
この雰囲気も捨て難い、良い物ですね。
私も今度フィルムカメラで試してみようかな、なんて思いました。

もうカーディガンを羽織る季節になりましたね。
ついこの前までの暑さはドコへ??

モノクロは「カッコよくなるが難しい」
そう聞いた事が有ります。
粗がバレるならやめておこう、そう思いました(w

4枚目のお写真が「お気に」です。

HapiBeatさまへ

 ありがとうございます。
 試験的に彩度を落としてみました。
 コントラストとは違った意味で、重さを調節できて面白かったです。
 これって、部分的にできないものかな。
 (なんていいだすと、フォトショップとかの出番になるのでしょうね)

 今回の場合、モノクロにすることで重くなりましたね。
 擬似的なフィルムノイズは、使い方しだいといったところでしょうか。
 本物に近づけるにはもう少し工夫がいりそうです。
 たまにフィルムをやろうと思いますが、つい現像代を考えて二の足を踏んでしまいます。
 今やると、きっと新しい発見があるでしょうね。

thieriさまへ

 「もう」というか、「やっと」というか。
 この気温差にやられないよう、お互い体に気をつけましょう。

 難しいです。
 でも、モノクロでうまく撮れるようになれば、間違いなく写真が上達するでしょう。

 ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/424-f8c4f660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード