2017-10

文字の海から

10101502

 NHKの海外ドキュメンタリーを見ていたら、面白い研究を紹介していました。

10101503

 料理の献立や昔の市場調査、仕入れ記録、日記、ゴミ捨て場の骨、過去に集められた標本などによって、生態系の変化を明らかにするというものでした。
 イギリスの大学には、数世紀におよぶ学食の献立記録が残されており、格好の資料だったそうです。

 食卓に上る魚が、淡水魚から海水魚に変化していったとか。
 骨の大きさや仕入れ値の変化から、次第に獲れる魚の大きさが小さくなったとか。
 気候・水質・人口・漁法などの変化によって、生態系にどのような変化がもたらされたかを解説していました。

10101501
 
 遺跡からの遺物(骨や花粉・木片・種子など)によって、ある時代を切り取って環境を推定するのは知ってました。
 でも文献によって、連続した変化を読み取ろうとするアプローチの仕方が、私にとって目からウロコでした。
 歴史学と生物学の間でこんな研究があるんですね。

 自分だったら昔の献立を見ても、きっと食材や調理法の変化を読み取るのが精一杯でしょう。
 (一歩先に頭が行きません)
 文献を読みながら、生態系の変化を見出したのかな。
 生態系を調べたくて、文献に行き着いたのかな。

10101504

 日本だったら、米の収穫高や値段で、気候の変化を推定できるのでしょうか。
 物価変動や先物市場といったもの影響が、ノイズとしてどの程度現れるか分からないですが。
 品種改良も行われていますし・・・。

 水産物ならどうでしょう。
 タイ・カツオ・サケ・サバ・ブリ・サンマ・イワシ・アサリあたりで調べている人っていないのかな。
 資料を探すのがとてつもなく大変そうですけど。

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

変化

一枚目:はだけたカーディガン。
二枚目:パースのある構図。
三枚目:視線を外すアングル。
四枚目:しなをつくるポーズ。
以前にはあまり見られなかったですね。
ここにはaminoさんの変化が感じ取れます。
私も変わっていくのかな? いやいけるはず!

うわ、今回文章がおもしろすぎて、桜にあまり目が行かなかったv-217
考古学的なアプローチを近代に適用する・・・すごいですねぇ

常日頃から思ってたんですが。

aminoさんの記事は「品」が有るというか「博識」というか。
「嗚呼、ちゃんとオトナで社会人」な気がします。
物事の見方が違ってていつも感心してます。

語り口もとても好きなんですよ。
これからも楽しませてくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新月さまへ

 ありがとうございます。

 もうこの日は出来上がりの映像が頭に浮かんでこなくて、いろいろ試行錯誤していました。
 がたがたやっているうちに、何かピンと来る形になったらいいなと。

 一歩を踏み出す気持ちを、持ち続けるのが大切ですよね。
 (難しいですけれど)

にゃんこのおひげさまへ

 楽しんでいただけたようですね。
 (不憫な桜・・・)
 生活の中で生まれた文献から生物学へのアプローチという点で、そんな視点があるんだと驚かされました。
 きっと、切り方次第で世界はもっと面白い断面を見せてくれるのでしょうね。

thieriさまへ

 頭の中の限られた資源をどうにか有効に使えないかと、もがいています。
 今回掘り出された鉱石は、普段と少し毛色が違いましたね。
 (それだけに、読んでいただけるかちょっと不安でした)

 「オトナで社会人」ですか。
 う~ん、冷や汗しか出てこないです。
 (スク水皇帝より、恐ろしい称号かもしれません)

 ありがとうございます。
 気の向くままに紡いでいるブログではありますが、楽しんでいただけたらうれしいです。

Zさまへ

 なんというか、災難でしたね。
 とばっちりで腹立たしいし、恐ろしい話ですね。

 ありがとうございます。
 こちらこそよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/428-d68e6db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード