2017-10

暗室ランプはどこへ行った

10110701

 さて、今回は「現像」の話でしたね。
 前回、カメラの中ではセンサーからのデータを元に画像処理をして、jpegデータを作っていると書きました。
 このカメラ内で行われる画像処理、メーカーが練りに練り上げた素晴らしいものです。

10110702

 で~も~世の中にはこだわりを持った方がいるわけです。
 撮った後でも、トリミングをしたい、色温度を変えたい、露出を変えたい、トーンを変えたい、色彩を変えたい、シャープネスを変えたい、覆い焼きがしたいなどなど。

 当初、私はjpeg画像を加工するフリーソフト(Picasa)を使っていました。
 次第にもっといろいろいじりたくなりました。

10110703

 jpegデータは、カメラによる画像処理を経て、データが小さくなっています。
 RAWデータは、センサーが捉えた光を高い精度で記録されている生のデータなので、色々な写真へと仕上がるより多くの可能性を持っています。
 そして、このRAWデータをつかってPC上で画像処理を行う際に、現像ソフトの出番になります。
 カメラの中で行われている画像処理を自分でやるのです。
 RAWデータというフィルムを元にして、暗室作業のように加工することから、「現像」と呼ばれています。
 (カメラをjpeg設定にしている場合、カメラ内で現像してくれていることになります)

 暗室の中で行われていたケミカルな作業が、明るいモニター上で行われている作業の名前になっていることに、なんともいえないおかしさを覚えていたりします。
 この考えだったら、カメラの中に小さな暗室が仕込まれているともいえますね。

10110704

 今の目で導入前の画像を見ると、コントラストや彩度が高く、シャープネスも輪郭が太くてきつめです。

 導入直後の感想が、これとかこれです。
 現像ソフトをつかうことで、より自分の好みの画像に近づけることが出来ます。
 一方、出来ることが急に増えて、戸惑っている様子もうかがえます。

10110705

 今も試行錯誤が続いています。
 どこを触ると何がどう変わるのか、分からないところが多いので。
 色彩とか勉強した方がいいのかなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

関係無い話だけど ウィッグがロングになってる~~~^^)

o(〃'▽'〃)oあははっ♪

aminoさん 珍しいね~^^)

やっぱり 紛失したから?なの~

mamikaさまへ

 ええ、ウィッグ紛失に絡んで使ってみるかなと、持って行ったものです。
 ストレートのロングよりは、はねていても目立ちにくいので使いやすかったです。
 たまにはこういうのもいいかな。

ロングウェーブのことりさん、大人っぽい印象でとても可愛いです(^^*)

カメラの中に暗室とは、良い例えですね。
私はコンデジ使いなので、RAWデータでの記録が出来ず、jpegデータの加工しかやったことないですが、RAWからの「現像」はとても興味を持っています。
jpegの加工もそれなりに自由度はありますが、データ量が少なくて困る事も度々(^^;;
カメラ任せで補正してくれるのは良いのですが、たまにトンチンカンな補正をしてくれるので、RAWで出力してくれたらな~、と無いものねだりであります(^^;

デジカメ始めた当初はカメラ任せでしたが、今ではマニュアルモードでばかり撮影しています。そろそろ1眼レフ等の高機能カメラにステップアップすべきなのか、現状で我慢するのか、心が揺れる毎日です(^^;

↑Hapiさんデジイチ買うの???
オイラも欲しい欲しい病続行中ダヨ!!

ロングのウエーブ髪とお洋服がマッチしてます。
絡まると大変そうですが・・・
実は結構好みでございますヨ。

他のコでも見てみたいとリクエストしてみる!

ゆるふわロングウェーブかわいいですね~。服との相性もとても良い感じですし、撮影シチュエーションとも合っているように思います。う~ん,ことりさんかわいいです~。

私はコンデジが長くてその間ずっとjpeg加工でした。最近では制限が多くストレスを感じてたので、5月にデジ一にしてRAWデータを扱えるようになった時は自由度が高く本当に嬉しかったですよ~。や、そのきちんと使いこなしているかはまた別ですけどw

HapiBeatさまへ

 ありがとうございます。
 あまり使わないのですけれど、気に入っているウィッグの1つなのでうれしいです。

 ああ、意図しない補正をされるとイラッとしますね。
 コンデジをマニュアルで撮るようになったら、デジ1でもそう困らないと思います。
 その技術や考え方は、きっと役に立ちますよ。

 ただ、小さくない出費がかかることですから、買うかどうか迷う楽しみ・何を買うか選ぶ楽しみを、たっぷりご堪能ください。

thieriさまへ

 買いたいときが買い時よと、無責任に言ってみたりする。

 ありがとうございます。
 大変です。
 ストレートとはまた違った手間です。
 あと、パーマが取れるので、うかつに洗えません。

 タイミングがあえば、時々使うつもりです。
 そのときをお待ちください。

mionnさまへ

 ありがとうございます。
 暴れる長い髪をどうにか抑えながら、撮った甲斐があります。
 この衣装をことりに着せて、ブログの最初期に島巡りに行ったりもしています。

 私は使いこなしているとまではいきません。
 いきなり広がった地平で何をしたらいいのか、右往左往しています。
 マニュアルを見ても、何をするための機能かわからないものが、けっこうあります。
 もっと分かりやすいアニュアルを希望中です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/449-dbdc2c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード