2017-10

その目をとめて

10111701

 上まぶたとアイの間の隙間が目立つので、グラスアイの子の目を調整し直しました。
 うちのグラスアイの子は、ことり・凛・ナツキ・桜。

10111702

 アイを付け直すためにヘッドのフタを開けるわけですが、気温が低いために素材が硬くなり、非常に開けにくくなっていました。
 夏の方がやっぱり開けやすいです。
 特に開けにくかったのが桜です。
 もうとにかく硬かったのです。

10111703

 今まで粘土のような固定剤(商品名は「ひっつき虫」)のみでグラスアイを固定していました。
 保管状況はまったく同じなのに、硬くなっているのとものすごく軟らかくなっているのがあり、対策の立てようがありません。

 今回は下側をひっつき虫で、上側をグルー(ホットボンド?どっちが一般的な呼び方なんでしょう)を使って固定しました。
 (下側はグルーをつけるのが難しかったので)

10111704

 フタを閉める段になって、またしてもフタの硬さに泣かされました。
 (このフタの開閉のしにくさは、もう少し何とかならないもんでしょうか)
 力任せに閉めるもんだから、桜のフタを閉めたときに衝撃で視線がずれました。
 そして、指の皮膚を挟んで内出血。(おいら、涙目)
 再びかた~いフタをこじ開けて、付け直す羽目になりました。

10111705

 これでしばらくは安心して撮影できるでしょう。

  
スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

あの堅さ… (;・`д・́)...ゴクリ

入れる時はどーやったんだ?(´Д` )
と不思議に思うぐらいですねぇ

真冬の瀬戸内海を泳いで渡るaminoさんのようなパワーが無いので
自分は蓋に切れ目を入れて事なきを得ました(;^ω^)

思いっきり力を入れてたら手が滑って顔に傷が!(´;ω;`)
な~んてことにならなくて良かったです


>グルー(ホットボンド?どっちが一般的な呼び方なんでしょう)
ウチの職場では「鉄砲」もしくは「ネチョ」と呼ばれております(w
あ!「メルト」って呼ぶ人もいるわ。
それでも意味が通じるのが不思議です。

これから初めての冬を迎える事になりそうです。
フタの心配が無いだけ気楽です。
そっとヘッドを手のひらの中で温めるのはどうでしょう?

ツルッとした部分を・・・・
愛を込めて語りながら。


たま夫バジーナ大尉へ

 「私を拒絶するつもりか・・・」とか言ってみる。

 何か専用の冶具でもあるのでしょうか。
 左の薬指が痛いです。

 もう寒くて寒くて、無理!ムリだから!
 今回あきらめて、切れ目を入れました。
 何か負けた気がします。

 このままだったら、いつかやりそうで怖いです。
 楽な開け閉めの方法があったらぜひ知りたいです。

thieriさまへ

 いろんな呼び方がありますねぇ。
 それにしても、見たまんまの呼び方ですね。
 (ああ、だから意味が通じるのか)

 掌の熱が浸透するのを待つのが大変です。
 ドライヤーで温める方法もあります。
 手には効果がありましたが、頭には怖くて試していません。

 うゎぁ・・・。
 濃い意見だなぁ。
 (あんまり効果がありませんでした

ヘッドの内側フチ部分を軽く削る、でしょうか。うちの子はそうしてます。でないと夏でも力任せに・・・

以前からAMINOさんにお伺いしたかったのですが、DDはアイホール大きめの印象があります。グラスアイでもサイズの問題はないのでしょうか?

mionnさまへ

いいアイデアですね。
 今度、開けた時にてこずるようだったらやってみます。
 全周じゃなくて一部をちょっとずつ削るようにしないと、今度はフタがすぐ外れるんでしょうね。
 気をつけます。

 SDと比べたら、大きいですかね。
 うちの子は20~22mmです。

 サイズの問題はあまり意識したことありません。
 しいて言えば、生産数が少ないことでしょうか。

フタフタ

うちではヘッドに入る部分2~4カ所に切れ目を入れています
それから堅いときは熱湯に浸けると柔らかくなりますねぇ、足首の皮パーツなどはこうしないと着脱できません

にゃんこのおひげさまへ

 切れ目もいいアイデアですね。

 熱湯で温めるのは中まで速くしっかり安全に熱が通って、ドライヤーより良さそうな気がします。 
 そうだ。えーっと、ここをご覧になった方へ。
 あくまでも熱湯に漬けるのであって、煮るのはお勧めしません。
 (まさかとは思いますが、念のため)
 あと、火傷にはご注意を。

 足首の外皮ってガッチガチに食いついてますもんねぇ。
 あれって、成型直後の軟らかい時に骨格にかぶせているんでしょうか。
 温めずに外すのは絶対無理でしょうね。

 ご助言ありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/460-ad8d8ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード