2017-08

アイについて語ってみた

10112301

 グラスアイについての質問をいただいているので、ちょっとまとめてみました。
 といっても、別に特別なことはしていないので、防忘録程度に。
 今回は選び方です。

10112302

 うちのDDたちにつけているグラスアイは20mmか22mmです。
 アイホールも大きいですし、SDと比べれば大きいサイズでしょうね。
 (この辺は企画コンセプトの違いによるところが大きいのでしょう)
 だいたいデフォルトのアイサイズと同じか、ひと回り小さいサイズを使っています。

10112306

 手作りなので、1つ1つ微妙に違いがあります。
 全体の大きさやふくらみ、瞳孔の色・大きさ・ドームの高さなど。
 私はドーム低めが好みです。
 選ぶ際には、ヘッドを持参して試着させてもらっています。

10112305

 主観的な意見ですがアイホールに当てた時の印象としては、
 黒目の部分が大きくなると、かわいらしさや幼さの方に近づき、
 黒目部分が小さくなると白目が増えて、クールさやオトナっぽさが出てくる気がしています。
 また、瞳孔に入ったラインなどでも印象が変わります。

10112303

 さまざまな流儀で楽しんでおられる方がいて、いろんな面白さがあると思います。
 こんなアイデアや見方もあるよと、教えていただけたら幸いです。

10112304

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

アイ*アイ

アイって、重要ですよね。
いろいろと試行錯誤して試着するのは楽しいです。
サイズや色でも印象が変わりますし、装着位置でも変わりますね。
我が家はSDで、男子ばかりなので参考にならないかもですけど。
虹彩小さめのアイを三白眼風に装着すると、「ガンを飛ばして」いるように見えます。
それから、
アイを作っている作家さんによっても、違いがあります。
追視が強い、虹彩模様が複雑、追視が弱くて常に前を向いていてくれるアイ。
などなど。作り手の個性も、選ぶ時の楽しみです。

伽羅さまへ

 ご助言ありがとうございます。
 いろいろ試すの面白いですよね。
 左右を入れ替えるだけで雰囲気が変わったのには驚きました。

 「ガンとばし」ですか。
 撮影の仕方で、威圧感さらにアップ。
 以前、凛のアイを選んでいる時に、似た状態になって怖かったです。

 作り手による違いを楽しむのも素敵ですね。
 追視が強いアイを初めてみた時はぎょっとしました。
 虹彩模様の多彩さも選ぶ(迷う)楽しさですね。

 常に正面向きという選択肢は、書いていただいたことではじめて認識できました。
 これまで言葉でなく、無意識にやっていた選択行為でした。

 これで、もう少しヘッドを開けやすければなぁ。

やはり家でノギス片手に悩んでいるよりヘッド持参した方が印象が掴みやすそうですね。
ドーム高はそんなに気にならないのですが、上で伽羅様もおっしゃっておりますように虹彩直径が小さいと三白眼になってしまったりします。「女の子でそれはないだろう。何が気に入らないの?」と自分の失敗棚に上げてお説教したりする羽目に(笑)
あと写真を撮るようになって、描き込んであるハイライトが意外と~・・な時があるんですね~。デジイチ使い始めたら実感としてわかりました。なんだかいろいろ大変ですけどおもしろいです。

AMINOさんのアイの選び方も大変参考になりました。ありがとうございます。

mionnさまへ

 狙いのものがあるとは限りませんが、意外な出会いもあったりするかもしれませんよ。

 つけ続けていたら見慣れたりして。
 DDはアイホールが大きいので、予想外に白目が出たりします。

 撮影中は印刷のハイライトも便利な時と、ちょっと邪魔になるときがありますね。

 お役に立ててよかったです。

これは・・・・・
アイ交換出来るコならではの悩みで楽しみですね。
ちょっと羨ましいです。

ただアイリペする時に瞳の大きさや白目の分量は
実は大きいコを参考にしてたりします。
マタ半のメインの2人がそうです。


今日のことりさんは何かとても楽しそうです♪

thieriさまへ

 グラスアイは光の当て方次第で、表情に幅が出せるので気に入っています。
 一方で、描き目の安定感も捨てがたいです。

 そうだったのか!
 小さい子の顔を描こうと挑んだことがありますが、見事に挫折しました。
 「目」はやっぱり難しいです。

 ありがとうございます。
 過酷なロケの多い子ですが、がんばってくれています。 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/462-f050ff5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード