2017-10

己が愚鈍を見る

11010704

 その後の経過観察と預かっていた検査書類を返すために、かかりつけの病院へ行ってきました。
 おかげさまで、背中に違和感が残る程度で良好に回復しています。

 さて今日の本筋はそれではなく、診察室に入る前のことです。

11010701

 待合室で本を読んでいると、向こうから入院中らしい年配の患者さんが歩いてこられました。
 しばらくイスに座って起き上がり、廊下の向こう側へ。
 療法士らしい人がその方に、「今日は調子がよさそうですね」なんて話しかけているのが聞こえました。

 それからどうなっていたのか分かりません。
 本に集中していましたから。
 気がつくと、先の患者さんが左前方に座っていました。
 ここまで戻ってきたのだろうな、リハビリかな?
 再び私は本の中へ。

11010705

 今度は、先の療法士さんが患者さんのそばに立っていました。
 「○○さん、眠っちゃったのかな?」
 肩を叩いて起こそうとしていました。
 確かに待合室は暖かく、居眠りするのによさそうでした。
 「○○さん、○○さん、○○さん!」
 まだ眠ってる?どうも様子がおかしい。
 カクリと落ちた首がいっこうに上がらないのです。
 これだけ刺激されて眠っていられるのか?
 
 周囲がばたばたし始めました。
 眠っているのではなく、どうやら貧血で意識を失っていたらしいのです。
 まったく気づきませんでした。
 病院なのでどこでどんな症状が起きても不思議ではありません。
 私にとって、すぐそばにいながら気づかなかったことがショックでした。

11010702

 TVで見たドキュメントのお話です。
 冬の東京、路上生活を送っている方がどうにも寒さに耐えられなくなると、1駅分の切符を買い、回り続ける山手線に乗って暖をとるのだそうです。
 そしてまれに座ったまま亡くなってしまうこともあり、しかも車両基地に入る前に車掌さんが起こそうとするまで、誰も気づかないことも多いと報道されていました。
 そうした状況を哀しいと思いながら、乗客はどうして異変に気づかないんだろうと、心のどこかで思っていたのです。

 ・・・そうか、私も気づかない人間だったのか。

 
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

誰も気づきませんって。

見ず知らずの人に、不用意な視線を向けないようにするのも礼儀ですし。
明らかに怪しい人なら別ですが。(自分の事みたいでちょっとイタイ)

今回の「aminoアングル」は面白いですね。
以前から特徴的な視線をお持ちですが、今日の愛佳ちゃんは一味違い「動き」を感じます。
映画の一シーンを観ているみたい。
視覚情報から快感を感じることを「眼福」と言うのが何故か良くわかる・・・

いや…普通、分からんでしょ(´・ω・`;
咳き込んだり、苦しそうな素振りをしていたら別ですが(--;
リアルの方の嫁や友達と一緒に出掛けて、それらしい場面に出くわすと、私が真っ先に気付くかな?…程度ですw

新月さんの仰る通り、それに気付かないぐらいマジマジと見ないのが、日本人の礼儀だと思います(^▽^

新月さまへ

 ガンつけはアウトってのには、激しく同感です。
 ただ、見るとはなしに見る。
 周囲に注意を払う、観察力といった点で、まだまだだなぁと感じたのです。

 ありがとうございます。
 「特徴的な視線」ですか。
 まだ自分らしさってものを、自分ではよく分かっていないのです。

 動きを表せるようになりたい、と思い始めています。
 そうしたものを読み取っていただけたことがうれしいです。

 自分にとっての心地よいモノを目指していると、私の身体感覚といったものが出てくるものなのでしょうか。
 私の撮ったものを、「あっこれいいな」って、ちょっとでも思ってもらえたらうれしいな。

ゆかりねこさまへ

 ガン見はダメ、激しく同意です。

 だって、手の届く範囲にいたんですよ。
 見るとはなしに見る、感じ取る力がまだまだ足りないなぁと自覚しました。

 ただし周囲に左右されすぎるのも、不安定すぎます。
 鈍感力も大事ですよね。

ご無沙汰しております;;

私は周囲の状況がかなり気になる方で、常に自分の周囲状況を把握しようと努めるタイプなのですが、記事にあるような状況では恐らく気付けないでしょうね。
一見して眠っているように見えればそう判断してしまいますし、皆様も仰るように、不用意に他の人を凝視するのは無礼に当たるでしょうし・・・難しいですね。

そして、激しく遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます。
・・・新年早々体調不良で撃沈しておりまして、ご挨拶が遅くなりました;;

aminoさんもお身体の具合が優れないようですね・・・どうかご自愛くださいませ。
記事から察するに重病ではなさそうでホッとしておりますが。

いつもながら、お写真の綺麗さが素晴らしいです。
構図の取り方にセンスを感じます。
私はワンパターンな写真になりがちなので、色々と参考になります。

長々と書いてしまいましたが、今年も仲良くしていただければ幸いです。
今後もどうぞよろしくお願いします!

HapiBeatさまへ

 いらっしゃいませ~♪

 あ~、え~っと、異変はおろか眠っているようだとさえ気がつかなかったのです。
 私の鈍感力のレベルは、なかなか高そうですぞ。

 寒中お見舞い申し上げます・・・でいいんだろうか。
 お大事になさってくださいね。(他人事とは思えません)

 ありがとうございます。
 毎回、試行錯誤を繰り返している甲斐があります。

 こちらこそ、よろしくお願いします!

一番上の手前に紅葉が写ってる写真がすごく好みです。
きれいな景色に囲まれた中、視線が斜めに向かっててその視線の先には何があるんだろう?と想像させられました*

体調、良くなられてきているようで良かったです。
新年早々、痛みを抱えたままの生活はつらいですもんね・・

普通は眠ってても意識なくてもなかなか気づかないと思いますよ?
隣の人にそこまで意識を集中するのは難しいでしょうね。
私は職業柄、呼吸だけは気にしてしまいますが・・・
さすがに電車の中までは気にしませんが、どこかの待合室とか、酔って寝てる人とか見るととりあえず胸とお腹を見る癖がついてます。
「息をしてるかどうか」の確認でw

「おかしい」と思っても、面倒だから関わらないと思う人が多い中で気づかなかったことにショックをうける優しさがaminoさんの良さだと思います^^

komoさまへ

 ありがとうございます。

 おかげさまで快方に向かっています。
 節度に満ちた生活を送っています。
 健康だからこそ、無茶ができるんだなぁ。

 身の安全を守るためっていうのが、周囲に気を配る理由だったりします。
 手を出したら仕舞いまでやらないといけない、と思っているので、手に余ることにはできれば関わりたくないですよ。
 今回のことは、(気づいても周囲に伝えるだけですむことですし)取り返しのつかない状態だったら、もっと後味が悪かっただろうなと強く思ったのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/500-c724f694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード