2017-08

あの木の下で

 久しぶりに会った後輩にそういえばこの前二十歳になったんだよなと、これまではジュースやお茶だったコップにビールをついでお祝いをしました。
 何口かは勢いよく飲んでいたのですが、だんだんとスピードが鈍っていきます。
 「まだ苦い?」
 「はい・・・」
 酎ハイとかのがよかったかな。
 若者のビール離れが進んでいると言われていますが、実際のところどうなんでしょう。

11032701

 さて今日は、その彼から聞いたお話。
 それでは記事をたたみます。

 小学校卒業に際して、クラスのみんなでタイムカプセルを埋めたのだそうです。
 みんなが二十歳になったらまた会おうと約束をして。

 そして卒業式から8年後。
 スコップを手に校庭へ。
 思ったより大勢が集まりました。
 さあ掘り出そう!

11032702

 でも、どこに埋めたのか誰も詳細には覚えていませんでした。
 取りまとめ役の男子が言うには、校庭の奥の木じゃない?
 他の子は、いやもっと手前じゃなかったか?
 最初のうちこそかたまって掘っていましたが見つからず、だんだんとばらけて当てずっぽうに掘り始めました。
 体力のある年齢の子達です。
 たちまち辺りは穴だらけ。
 当時の担任が、「今年の桜が咲かなかったり枯れたりしたら、君らのせいだなぁ」
 すかさず「先生も覚えてなかったじゃないか~」と、ブーイング。

11032703

 穴を掘り始めて1時間強。
 宝の地図が見つかりました。
 誰かが家に帰って卒業式の写真を持ってきたのです。
 もちろんカプセル埋設の写真もありました。
 木・遊具・フェンス・電柱の見え方を元にした綿密な検討の末(後輩談)、1つのポイントに絞られました。

 最初の奥の木でした。
 皆が猛然と掘り始めました。
 ビニールの切れ端が見つかっては、これか?いやゴミだ。
 何か固いものに当たった。棒だった。
 「前にやった時は、(穴と)30cmずれててなかなか見つからなかったなぁ」とつぶやく先生。
 (煽るのうまいな、先生)

 細い木の根は断ち切られ、太い根も掘り返されました。
 カプセルを守り続けた木には災難以外の何者でもなかったでしょう。
 そして、ついにビニール袋に包まれた箱が見つかりました。
 しっかりと木の根で守られていたそれは、多少乱暴な手つきで皆が手で堀り出しました。
 はたして何が入っていたのでしょう。

11032704

 生徒会長選挙で使ったたすき・交換日記・写真・文集などが入っていたそうです。
 彼が入れていたのは図工で作った木彫のコースター。
 腐ってるかも?と思っていたら、あまりにも変わらない姿でちょっと拍子抜けだったとか。
 そしてまた会おうと約束をして、再びカプセルは埋め戻されました。
 (多分また場所が分からなくなるんだろうな)

 話を聞いた彼は、よい時を過ごしてきたようですね。
 彼は、この春で大学3年生。
 氷河期なんてものじゃない就職戦線が待っています。
 これからどんな人間になっていくのかな。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

タイムカプセルも、そうだけど…
写真や文集、過去に関わるもの全てスルーしてきました(--;
かっこよく言えば、「人生とは、前にしか進めない。」
本音を言えば、「過去ほど、恥ずかしいものはない。」
自身の写真も、殆ど撮ってませんw

ゆかりねこさまへ

 私自身はどうなんだろう?
 卒業アルバムや文集は探せば出てくるはずです。
 思い出したくないこと、そうでないこと、いろいろあります。
 でもそれら全部ひっくるめて、今の自分なんですよねぇ。
 (理解はしているのですが、まだ納得していません)

 自分自身の写真は、私も撮られるのはパスです。
 (そういや撮ったことないなぁ)

 このお話の彼の場合は、どれだけ進んできたのかを確認するよい機会だったのじゃないのかな。
 きっとこれからも歩き続ける活力になったと思いますから。

ビールは確かに、友人ではビール大好きという子があまりいませんねぇ。
お店ではカクテルを頼む子がほとんどです。
私はのど越しがすっきりするので好きですね。

タイムカプセル、ステキですね*
私もそういえば埋めました。10年後に開けることになってるので、もう少し先のことですが、この彼のように場所が分からずうろうろしてしまいそうな気がしますw
中に入ってる手紙の内容は少し覚えてるんですが、何を入れたのかさっぱりわかりません。
でも、きっと中身をみてニコニコした顔になるだろうなと自分の姿は想像できます。
これから開ける日を迎えるのが楽しみです*

komoさまへ

 あの爽快感はビールならでは!
 (注:酒造会社の回し者ではありません)

 記憶の堆積の中から昔の自分を発掘することになるのでしょうね。
 きっと予想外のものが出てくると思いますよ。
 何が出るかな♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/555-9644595d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード