2017-09

気まぐれヴィーナス

11041805

 みなさん、苦手な食べ物ってありますか?
 私にはあります。
 変なところに地雷があると評されたこともあります。
 (不本意だ)

11041802

 以前は苦手でしたが、食べられるようになったものもあります。

 Solanum lycopersicum
 南米原産のナスの仲間
 果実を食します。
 緑黄色野菜でもあります。
 (赤い果実を見ることが多いですかね)

11041801

 幼い頃、トマトが苦手でした。
 青臭かったり、種の部分がすっぱかったり。
 
 そんな私にあるきっかけが訪れました。
 幼稚園のカレーパーティー(たしかそんなイベント)で出されたトマト。
 なんとなく拒否できない空気に逆らえず口にしました。
 ちょっと軟らかく、甘さが印象的でした。

11041803
 
 これで少しだけハードルが低くなりました。
 でもハズレと感じることも多かったのです。
 (何度だまされたと思ったことか)
 それがだんだんと減っていき、今は平気で食べられます。

11041804

 はて、何があったんだろう?
 どうして?
 嗜好が変わったのでしょうか。
 慣れたのでしょうか。

 今のトマトで青臭さを感じることってあまりないんだけどなぁ。
 そして、あのきっかけの果実はなんだったのでしょうか。

 続きがあったりします

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

お風呂場での写真に、何故か萌えてしまいましたw
私が撮ったような写真が上がるのを期待しますw
(ないないw

好き嫌いですか~。
今でこそ自分は好き嫌いなく何でも食べれるんですが、トマトは私も小さい頃、苦手だった気がします。
私の場合、いつから抵抗なく食べられる様になったんでしょうねぇ??

浴室で撮った写真、いいですね~
ホテルにお泊りした時にしか出来ない写真ですね!

私は、ミョウガと生姜がダメです(^_^;)
生姜は、最近なんとか大丈夫になってきましたが
ミョウガだけは、見ただけで・・・・・

環状 未知さまへ

 そういえばずぶ濡れ撮影は、去年の梅雨にことりがやったなぁ・・・。
 (http://sukasen.blog22.fc2.com/blog-entry-346.html
 (http://sukasen.blog22.fc2.com/blog-entry-348.html
 って、あれ?
 このとき、はじめてコメントをいただいたのですね。

 今回は後片付けができないので、発想にありませんでした。
 いつかやってみましょう。
 (いつのことか分かりませんけれど)

 食わず嫌いもあります。
 味の強そうなものや香りのきついものは、身構えます。
 実家に納豆を食べる習慣がなかったら、きっと一生食べなかったでしょう。
 (納豆はちゃんと食べられます)

 食べているうちに慣れていくものもあるのでしょうね。

くた はじめさまへ

 ありがとうございます。
 夜中にはしゃぐさまをお笑いください。

 ミョウガが苦手という人物を他にも知っています。
 賛否が分かれやすい食材なのですね。
 あれってちょっといい日本料理などで出てきたりしますが、そんなときはやっぱり身構えたりするのでしょうか。
 (周囲にヘルプしてもらえないかとか)

トマトにしても人参にしても。
実は農家やメーカーさんの弛まぬ品種改良も一因だったりします。
「苦いからキライ」そんなおこちゃまの為に日夜改良されてます。

今は苦い人参の方が多分少ないんじゃないかな?
トマトも同じく甘い果実の様なモノが好まれるらしく
「フルーツトマト」として店頭に並んでますね。

異性の好みはストライクゾーンがだだっ広いが
食物の好みはめがっさ狭かったりします。


thieriさまへ

 おおっ、品種改良に言及される方がおられました。
 この記事を書いたときにおられるかもと思っていました。
 なので、次の記事はthieriさんへのお返事ともなるでしょう。

 この記事は次の記事を書くための前フリだったりします。
 (元々は1つの記事だったのです)

 市場に出回るニンジンも市場原理というものを教えてくれます。
 一方で在来品種を食べたいという方もおられるのでしょうけれど、こちらは入手が大変そうです。

 異性のストライクゾーンは年齢を重ねるごとに広がっていくようです。
 食べ物は・・・、一度固定化されるとなかなか難しいみたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/568-6ab7607c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード