2017-03

武骨な扇Ⅱ

 旧津山扇形機関車庫でのレポートの続きです。
 (前回の記事はこちら

11042911

 今回も画像が多めなので、記事をたたみます

 さて、こちらでは9台の車両が展示されていました。

11042919
 手前から、キハ28、キハ58、キハ181。

11042901
 キハ52。

11042902
 キハ33。

11042903
 DD51。

11042907

11042905
 DE50。
 これ1両しか製造されなかったとか。

11042921
 入換動車。
 他に大型除雪装置を装備したDD15もありました。
 こちらはうまく撮れていませんでした。

11042920

11042922

 車庫の天井は蒸気機関車の煤で真っ黒。
 内部の黒と外の光がすっぱりと分かれています。

 そうそう、こういうのもあったので気になって撮っていました。

11042910

11042912

 別の建物内では鉄道資料を展示していました。

11042913

11042914

11042915

 戻って車庫の外周を廻りながら・・・。

11042916

11042917

 素人が面白がったものをそのまま撮っています。
 知識があればもっと違った見方、撮り方が出来るのでしょうね。

11042904

11042906

11042908

11042909

11042918

 あっという間に過ぎた公開時間でした。

11042923

 このあと、津山名物というホルモンうどんを食べて、帰路に着きました。

  
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

DE50ってまだあったんだね、量産されていたらおもしろい車両だったんだけど

にゃんこのおひげさまへ

 どの車両も時代の波と無縁ではいられませんが、この車両は生まれてすぐにこの波を受け淘汰されてしまいましたね。
 目立つ車両では無いですが、いぶし銀の名脇役になれたでしょうに。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/575-a7447a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本的方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード