2017-11

花崗の巌

11081801

 今回桜を撮った場所で、去年も桜を撮影していました。

11081802

 撮影地は、海岸線に沿って遊歩道が整備されています。
 そのため、比較的安全かつ容易にアクセスできます。

11081803

 遊歩道の山側はほぼ自然の状態のガケ。
 この地域の標準的な中粒から粗粒の花崗岩が露出しています。
 狭い範囲で多くの地質現象を観察することができる場所です。
 (例:貫入・捕獲岩・断層・風化・海岸段丘など)
 このまま、コンクリートで覆わずにおいて欲しいものです。

11081804

 また遊歩道の海側は砂浜や磯があり、さまざまな生物を観察できます。
 とりあえず偶然、フナムシが撮れました。
 
 何の映画か忘れましたが、道しるべフェロモンを使い、意図的にアリに行列を作らせて撮影したというのを思い出しました。
 (そういえば、今週のゴルゴ13も性フェロモンでホタルをコントロールしていたなぁ)
 フナムシもフェロモンを使えば、コントロールできるのでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

日陰が好きなのか

コントロールというか、来ないようにできないものでしょうかねぇ。
海岸撮影でドールバッグやカメラバッグにいつの間にか侵入してきますから、撤収の度に中をチェックするはめになります。
せめてもう少し可愛げがあればいいのに。

新月さまへ

 乾燥に弱いので、光が好きではないようです。
 人が近づくとえらい速さで思いっきり逃げますから、まあ、可愛げはないですな。

 油断すると、いろんな生き物がバッグに忍び込んでいますね。
 毎回、ムカデや蛇が入っていたら嫌だなぁ、と思いながら確認しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/649-5dfef71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード