2017-11

君は宇宙?

11102301

 コスモスの名は、学名のCosmos bipinnatusからきています。

 一般に学名は、生物学者のリンネによって提案された命名法が用いられています。
 そしてこの命名法では、基本的にラテン語を用いることになっています。

11102304

 つまり、先のcosmosはラテン語なわけです。
 なお、このcosmosという単語には多くの意味があります。
 「秩序」「調和」「美」「世界」「宇宙」など。
 (この言語を使っていた人々の美意識が垣間見えます)

 さてここでいうcosmosは、どの意味なんでしょう。
 花の「cosmos=美」でしょうか。

11102303

11102302

 ところでbipinnatusは、えーっとbi-pinnatus。
 biで2つとか2回とか、ともかく「2」を表し、pinnatusは「羽状の」。
 解説によると、細い羽状の葉が二度分岐している形状を表しているとのこと。
 細い葉の整然とした姿からの「cosmos=秩序」なのかもしれません。
 (その整然としたさまを「cosmos=美」としたのかな)
 
11102305

 名前の意味の中に「cosmos=宇宙」があるというのも面白いですね。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

NoTitle

空と緑と花の色が絶妙ですね。
コスモスというとカール・セーガン博士を思い出します。出演されていた番組の本を持っていたのですが、どこに行ったかな。
コスモスって春にも咲くので、子供の頃は春の花だと思っていました。

かがみんさまへ

 ありがとうございます。

 科学史を中心とした人類史と地球史。
 今見たら、どんな風に見られるでしょうか。

 ああ。
 もうほとんど季節関係なく咲いちゃいますもんねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/692-74c1e52f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード