2017-08

夕暮れ

12011901

 日曜日のイベントに行かれた方のレポートがずいぶん出始めており、
 (みなさん仕事が早いなぁ)
 楽しく拝見させていただいております。
 (う、うらやましくなんか・・・)

12011902

 背景の水面は海。
 なんだか川のようにも見えます。

12011904

12011905

 今回の画像は、港町を見下ろす高台でのものです。
 以前、同様の状況を目指して撮りにいった回がありました。
 その再挑戦です。

 以前の撮影地は、海峡の対岸です。
 えーっと、これ↓だったら、その撮影地が写っています。

12011903

 我ながら意地の悪いこと書いているなとは思うものの、
 それでも分かる方がいたりするのがネットの恐ろしいところ。

 前回よりは楽しんで撮ることができました。
 フラッシュを焚いたりもしたので、丘の上でパシパシ光るのはなんだろうなんて思った方がおられたりして。
 なにぶん狭く、アクロバットな姿勢での撮影でした。
 
12011906

 日没時間帯を狙っていたので、その間移動せずここで撮り続けました。
 撮り終わって帰る頃になると、辺りは真っ暗。
 カメラバックに入れてあるLEDライトで、どうにか車まで戻ることが出来ました。
 初めて行く場所で夜の山道って、あんまりひとりで歩くものではありませんね。

12011910

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

さすがっ! 幼少の頃は木登りは猿にも負けなかったと言うaminoさん
高いところの撮影もお手のものですね

日が落ちるまでの微妙な色合いの変化が素敵でござる( ^ω^ )
夜景も綺麗ですね(*´∀`*)

綺麗な川みたいですが泳いだりも出来るのかな?

たま夫さまへ

 王の中の王「房総のハダカ猿」とサルたちに恐れられていたたま様には遠く及びませぬ。
 月をとろうと工場の煙突に登ったとか、
 サンシャ○ン60で「クレ○ジークライマー」ごっこをしたとか、
 東京タ○ーからノーロープバンジ→五点着地、その後悠然と立ち去ったとか、
 数々の武勇伝を耳にしております。
 
 実際のところ、高い所は苦手です。
 すごく、苦手です。

 お褒めいただき、恐悦至極に存じます。
 夕日の沈む方向を見定めて場所を探した甲斐がございました。

 幅は200~300m、大潮時の平均流速が2.3ノットほどの流れです。
 たま様ほどの泳ぎ手ならば、きっと渡りきることができるでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/743-c8fb48f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード