2017-08

京の空から

 行ってきました、京都のお祭。

 12032103

 ちょっと画像が多めなので、記事をたたみます

 今回も18きっぷを利用して、在来線を乗り継いでの入京。
 前日の無理が響いたのか、移動時間の大半は眠っていました。
 (まったく無防備もいいとこです)

12032104

 今回は限定品目当てではないので、オフィシャル品は眺めるだけ。
 (なにやら今回も阿鼻叫喚だったようですね)

 ディーラーを回り、気にいった品を購入。
 そして、お茶会スペースへ。

12032107

 くたさんのおかげで、どうにか目的の卓へたどり着きました。
 (人ではなくドールを目印に探している辺り、なんかおかしい)

12032112

12032101

12032105

 この日はぼんやりしていて、撮影枚数も少なめでした。

12032106

 ビンゴ大会までいたわけですが、例によってリーチさえもせずに終了。

12032108
 ↑卓でご一緒させていただいたみなさんも似たようなものだったようで・・・

12032102

 そして、イベント終了。
 人に押されながら会場を後にします。
 外では小雨が。
 そういえば今回、はじめてあの人にお菓子をもらいました。

 その後、卓でお会いした皆さんと(ずうずうしくも)ご一緒させていただき、向かったのは、

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

12032109

 京都タワー。
 京都駅からすぐ近くにありやたらと目立っているこの建物。
 これまで1度も行ったことがありませんでした。

 高さは地上131m、1964年12月開業。
 これ、ビルの屋上が土台となって、その上に建てているのだとか。
 (ビルを貫いて建っているのではなく、ビルの上に乗っかっている)

 京都市は建物の高さ制限が設けられています。
 ここより高い高層建築物はありません。

12032110

 展望台は高さ100m。
 周囲にさえぎる建物はありません。
 霞がかかってあまり遠くまで見えませんでしたが、 
 京都が山に囲まれた盆地だと言うのがよく分かりました。

 そして、自分が高所恐怖症だと言うことを再確認。
 (高いとこ怖い)

12032111
 ↑同行されていた方が、さっと取り出してささっと撮影するところを、
 さささっと横から撮らせていただいた1枚。

 そしてえらく近代的な京都駅に戻り、皆さんとお別れ。
 再び在来線を乗り継いで、帰宅の途につきました。

 この日、お会いした皆様、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

こんばんは。
京都ドルパでは遊んでいただきありがとうございました(^^)

京都駅での外国人とのやり取りのヘルプありがとうございました(^^;
ドールイベントは海外の方も来るイベントなんだと再認識する出来事でした。

京都タワーからの眺めは曇りだったのでちょっと残念でしたけど結構見渡せるものだと知りました(笑)
金閣寺が見えないのは嫌がらせかと(笑)
ドルパやドルショみたいな会場ですとドールを目印にしちゃいますよね。
自分も人の名前と顔を覚えるのは苦手なのでついついドールを探しちゃってます(笑)
それではまたどこかの会場でお会いしたら遊んでやってくださいませ(^^)

あ~る様へ

 いらっしゃいませ。
 こちらこそありがとうございました。

 こちらが躊躇しているうちに、スッと困っている彼女らの元へ行ったあ~るさんの行動があってこそです。
 私は便乗しただけのお調子者ですよ。

 展望台にガラスには、この方角に金閣寺○kmって書いていながら、そのすぐわきに「ここからは見えません」って注意書きが。
 京都市内なのに・・・。
 このタワー、天気がよければ大阪まで見渡せるって言うのに。
 えっ?見えないの?って感じでしたね。

 大量生産品のはずなのに、持ち主さんごとに個性がでる子たち。
 実際に会う持ち主さんより、ブログなどでドールたちを見る機会が多いせいもあるのでしょうけれど。
 ドールの方が目印になる不思議。

 またいつかどこかで、お目にかかれますように。
 そのときにはよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/784-5356f592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード