2017-07

鬱金香

12061902

 日本近海で急加速する巨大な渦巻き。
 台風4号が本州へやってきました。
 いろいろとはやい台風です。
 6月の台風上陸はなんだか久しぶりな気がします。

 こちらは夕方ごろには雨も止み、空には光がさしていました。
 明日は強い風が残るものの蒸し暑く、日ざしのみられる時間もありそうです。

12061904

 しかしこの後も、台風5号がわき目もふらず迫ってきています。
 彼らにとって魅力的な何かが日本にあるというのでしょうか。
 (単なる風のいたずらでしょうけれど)
 (いたずらというにはあまりにも大規模で、人間は振り回されっぱなしです)

12061901

 画像は、ナツキと歩くチューリップ畑。
 ところでチューリップの名前の由来って、なんでしょう。
 我々はどうしてあの植物を「チューリップ」と呼ぶのでしょう。

12061903

 どうも勘違いだか聞き違いの産物のようです。
 (カンガルーのようなものでしょうか)

12061905

 16世紀、神聖ローマ帝国のトルコ駐在大使が、この植物を「何の花か」とトルコ人通訳に尋ねた。
 すると、通訳は「この花は何に似ているか」と勘違いしたらしい。
 「チュリパ(ターバン)のような形だ」と答えた。
 こうして「チューリップ」の名で、ヨーロッパに広まってしまったのだとか。

12061906

 トルコ語では「ラーレ」。
 ひょっとしたら、こちらの呼び方で広まっていたのかもしれませんね。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

aminoさん。

ひよひよひよもです。
来ていただいていながら、何も反応もできす、
いきなりお邪魔して、コメ残すなんて失礼なこと
してすみません。
チューリップにつつまれたナツキちゃんの笑顔
とっても可愛らしくて、楽しそうなナツキちゃん
とのお時間だった感じが伝わってきました。
それと、お洋服の感じがわたしもそうしたいと
思っている、普通の女の子がいつでも着れる
ような感じで、いいなぁ~って思いました。
もちろん、豪華なドレスとかも好きですけど、
わたしのお人形さんたちにも普通の時が
あってほしいので、そういう服選びは
とっても好きなんです。
チューリップの名前にはそんな由来があった
なんて、おもしろいですね。
いまさらラーレって呼びづらいけど、チューリ
ップをみたらそう呼びかけてみたいです。
長々とごめんなさい。
ダメな女子ですが、少しずつでもお邪魔して
過去記事も拝見させていただければと
思っています。勝手言ってごめんなさい。

ひよひよひよもさまへ

 いらっしゃいませ。
 コメントありがとうございます。

 今回はおっしゃるように普段着っぽいものを意識して着せていきました。
 着あわせのセンスも経験も不足しているので、毎回どうしたものかと悩んでいます。

 ♪さいた さいた らぁれの花が~
 他にもチューリップには興味深い物語がいくつかあります。
 どうやら人間に愛されすぎた植物のようです。

 どうかお気になさらないでください。
 お越しいただき、さらにコメントをしていただいたことがうれしいです。
 今後とも気長のお付き合いいただけたら幸いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/831-45ed0830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード