2017-08

眠気堤防決壊寸前

12101107

 花粉対策の薬のためか、
 不規則な生活のせいか、
 はたまた秋になり穏やかな気候になったからか、
 昼間に強い眠気に襲われることが増えました。

12101101

 仮眠をとればすっきりするのでしょうが、
 今の生活の中では絶対に居眠りをしてはいけないタイミングがあり、そう簡単にはいきません。

12101102

 体操をしてみたり、
 いたづらにマッサージをしてみたり、
 お茶を飲んでみたり、
 顔を洗ってみたり、
 大声を出してみたり。

12101104

 しかし劇的に変化して
 「なんということでしょう。あのしつこかった眠気がどこかへいってしまいました。」
 というふうにはなかなかいきません。
 「睡魔退散の鬼」とか「眠気封じの魔術師」がいれば、ぜひともご教授願いたいものです。
 有効な眠気対策の経済効果って大きいと思いませんか?

12101106

 眠気の記事を以前書いたような気がしたので探してみると、ありました
 コメントで緊張感を高めて眠気を吹き飛ばすといった趣旨の提案をいただいていました。
 しかし提案された緊張感の生み出し方は、ちょっとレベルが高すぎて実行するのは難しそうです。
 (あるいは麻痺してだんだんエスカレートしていったりして)

12101103

 この眠気、私には緊張感が欠けているのでしょうか。
 人によって睡気に対する抵抗性や、睡魔のレベルが違う気がします。
 (「この辛さがどうして他人には分らないんだ!」のひねくれた言い換え)

 眠気って測れるのでしょうか。
 体温のように周囲の人にも客観的に判断しやすければいいのに。
 「たいへん!すぐに仮眠しなくっちゃ」って、優しく言ってもらいたい。
 (車関係で似たような装置があった気が)
 ・
 ・
 ・
 訂正。
 今よりもっと嫌な社会になる気がしてきました。
 きっと居眠りする前から感知通報されて、
 「君は眠気がちすぎる。眠気管理をきちっとしろ!」って厳しく言われようになるでしょう。
 (目を開けて寝言を書いてるな)

12101105

 「ステータス異常:睡眠」なんてことになっても、戦闘中に目が覚める自信がありません。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/891-acbafa62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード