2017-10

ハードディスク渋滞中

12101804

 シャッターを押すだけ押して現像しきれていない画像たちがハードディスクにひしめいています。
 現像した後も残しているので、現像してもしなくてもハードディスクを圧迫していることには変わりませんがね。

 でも「なんとかしなくちゃ」の度合いが違います。
 ちょっとずつ現像しているのですけれど、なかなか追いつきません。
 保存してそのままになっている未現像のフォルダは増える一方です。

12101803

 みなさん、撮影した画像をどのように整理しておられるのでしょうか。
 (どんどん消去という方もおられるでしょうね)

12101802

 私はハードディスクに、
 撮影画像フォルダ>撮影年月フォルダ>撮影日・撮影地フォルダ>各画像
 と、階層を作って保存しています。

12101801

 さて私のカメラの場合、画像ごとに「DSC_***」とネーミングされます。
 ***のナンバーは循環しており、そのまま保存するとハードディスク内に中身は違えど名前は同じというファイルがいくつもできてしまいます。
 そこで画像ファイル名を「撮影年月日・通し番号」と、再命名しています。
 検索性向上も期待してのことです。

 使っている現像ソフトの「Lightroom」は画像の登録時にリネームしてくれます。
 しかしちょっと思ったようになってくれないので、二度手間ですがリネームソフトを使っています。
 命名法則も自由が利きますし、範囲を指定すれば勝手にやってくれるので助かっています。

12101806

 このやり方、欠点もあります。
 モデルに誰を撮影したのが分からないということです。
 「撮影画像フォルダ」や「撮影年月フォルダ」の下にモデル別のフォルダを作ることも検討しましたが、使いにくさが増してどうもすっきりといきませんでした。
 リネーム時に「rin(凛)」とか「kot(ことり)」とつけてみましたが、命名法則を毎回いじることになるためミスも多く、それ以外にも面倒が増したのですぐにやめました。

 「Lightroom」は、画像の整理検索機能がかなり充実したソフトです。
 「カタログ」と呼ばれるものに画像データやEXIF情報・任意のタグなどを登録することでそれを実現しているのですが、登録枚数が増えるにつれてPCに負荷がかかり動作が重くなります。
 現在は「撮影年月フォルダ」ごとにカタログを作り、管理しています。
 カタログを跨いでまで検索してはくれず、結局モデル名でソートをかけるといったことができないままです。
 とりあえず誰をどこで撮ったかなんとなく覚えているので、「まあいいか」と妥協しています。

12101805

 お読みになっての通り、今の私のやり方もいろいろとめんどくささをはらんでいます。
 これからも試行錯誤が続くことでしょう。
 良い案や私はこうしているよというお話を、教えていただければ幸いです。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

私も同じく階層を作っています。順番はー・・
raw>ドール>各モデル名>撮影年月日>各画像
となっています。撮った子別優先の振り分け方ですね。
モデル名と同階層には「撮影地_撮影年月日」フォルダもあります。
出先での撮影が少ないので今の所これで何とかなっています。

mionnさまへ

 コメントありがとうございます。

 なるほど。
 このモデル別優先の振り分け方はシンプルでいいです。
 誰の画像がどこにあるのか一目瞭然。
 やっぱりそれぞれの撮影状況によって、優先順位というか考え方が違うのですね。

 ところで複数の子を撮影された時はどうされているのでしょう。
 (これ↑もモデル別でファイルを作らなくなった原因の1つだったりします)
 「複数」とか「組み合わせ」「A×B」といったかたちでフォルダを作っておられるのでしょうか。
 それとも例外的に「撮影地別」扱いでしょうか。

複数の子達が写っている場合―実際単独より多いです―その時メインとなっている子の名前フォルダに振り分けます。rawはデータもソフトも重くてそうそう見ないのでこれで終了です。

日常よく見る現像したjpeg画像は別のHDDにrawと同様の階層構造を作って管理しています。使用している編集管理ソフトはPhotoshop Elements。 各画像にはタグ(名札)が付けられるので、写っている子達分のタグを付けて管理。その際最初にタグを付ける子がフォルダ名の子(メインの子)と決めていますので、サブの子側から検索をかけても、付いてるタグの順番を見ればその画像がどこのjpegフォルダやrawフォルダに入っているのかがわかるようになっています。あ~でもA×Bとか集合写真とか、そういうタグは付けていないのでその手の検索はできませんね・・・。

・・・と、こんなところです。私の場合は管理枚数がまだ圧倒的に少ないのでこんな方法でも何とかなっているんだと思いますよ~。

mionnさまへ2

 現像でできたjpeg画像を、別の場所においておられるとか。
 大きなRAWファイルを別のハードディスクにしておくことで、例えば2011年撮影分のRAWファイルの入ったハードディスクを外しても、jpeg画像からどこにあるかすぐ分かるという寸法ですな。
 リスクの分散にも役立ちそうですね。

 余談ながら私の場合は、各RAW画像と同じ階層に現像後フォルダをつくり、その中に現像でできたjpeg画像を保存しています。(つくづく「いつ、どこで撮ったか」を中心に分けているんだなぁ)
 jpeg画像にはモデル名を含むタグをつけているので、一応検索できます。
 (未現像のものはスルーされてしまうので、完全とは言いがたい状態ですが)

 それにしても、記事を起こせそうなほど詳細に教えていただけるとは。
 本当にありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/893-0db0d360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード