2017-10

雄弁な刃

 みなさん、この夏ちょっと変わった日本刀のイベントがあったのをご存知でしょうか。
 もう会期は終わって1ヶ月以上経つのですけれど、せっかく行ったので記事にしました。

12102101

 それにしてもこのフライヤー広告をいたるところで見たのですけれど、
 いったい何部刷られたのでしょうか。

 それでは記事をたたみます

 撮影OKという、珍しい催しでした。
 ありがたく撮影。

 まずは一般的な「刀」のイメージに近いものから。

12102107

 どこぞの秘密結社のシンボルが彫ってありますな。
 この短刀は「セカンドインパクト」をイメージしたものなのだとか。
 茎(なかご:刀身の柄に被われる部分)に刻まれているのは、「その日」の日付。
 なお画像にはありませんが、茎の峰に正式な銘として制作者名と制作年が刻まれています。

12102108

 うねりながら広がる刃文が不穏な印象を醸し出しています。
 号は「災禍の真実」。

 続いては、「序・破・急」があしらわれた脇差です。

12102118

 拵え(柄・鞘などの外装)は初号機を意識したものになっています。

 刀身は背を薄く削った「冠落とし造り」。
 号は「紫電緑閃」。
 刀身には「破邪顕正」と彫られています。
 なお「序」の文字は柄頭(つかがしら:柄と呼ばれる持ち手の先端部分)に、「急」は鐺(こじり:鞘の先端部分)に彫られています。

12102102

 さて、フライヤーの中で3人のキャラクターがそれぞれ手にしているものがあります。
 今回の企画で制作された各キャラクターをイメージした刀です。
 まずはレイから。

12102115

12102112

 あの二又の槍に竜が巻きつく図が彫りこまれています。
 号は「協心丸」。

12102113

 拵えは零号機をモチーフにしています。
 柄頭には、頭部らしきものが。
 目貫は「矢絣」、鍔は銅製で六角形がデザインされています。

12102114

 小柄という小刀を鞘に差し込めるようになっているのですが、そのデザインはご覧の通り。
 ここまで徹底したものを目の当たりにしたとき、どんな表情をすればいいのか分かりません。

 次の一振り。

12102105

 やあ、赤いですな。
 ずいぶんと変わった拵えです。
 変わっているのは拵えだけではありません。

12102106

 この短刀の号は「火火駒」。
 刀身に「欄間透かし」でアスカが彫りぬかれています。
 刀身に女性像とか見たことありません。
 (痛刀・・・

 はばき(刀身に装着されている金具)は、刀身を鞘に収めた際に抜け落ちにくくし、刀身が鞘(さや)に当たらないように支える役目をします。
 この刀では鯉口(柄と鞘が接する部分)が斜めになっているため、はばきの鍔(つば)側が斜めになっています。

 このはばきを製作した白銀師(しろがねし)さんの製作風景の動画を見つけました
 文科省が関わった日本刀紹介動画のシリーズらしく、他に刀鍛冶研師鞘師塗師柄巻師装剣金工についても紹介されていました。
 調べてみると映像内に出てくる職人さんたちは、それぞれ今回紹介した刀剣に関わりのある方々でした。 
 刀身の製作風景は比較的見つけやすいのですけれど、こうした日本刀をささえる職人さんたちの映像は少ないので興味深かったです。

 今度はマリが持っている短刀です。

12102120

 フライヤーを見たとき、これいったいどうなってんの?と思ったものです。
 この拵え、奇抜な形状ですが樹脂製ではありません。
 樹脂で作ってみたけれど目指す質感が得られないということで、木で再製作されたのだとか。

12102110

 細身の刀身に女性をイメージさせるゆったりとした曲線の刃紋。
 号は「茉莉花小町」。

 どれもこれもやたらと個性的です。
 俗な雰囲気がありながら、日本刀の持つ緊張感がみなぎっています。

12102104

 比較展示として、一般的な刀や拵えも展示されていました。

 で、これは鍔なわけですが。
 一部分をちょっと拡大。

12102103

 ちいさなツブツブ模様が見えませんか?
 これも人の手でひとつひとつ叩いて作り出しています。
 魚の卵のように見えることから「魚子地(ななこじ)」と呼ばれています。
 いつ見ても緻密さに気が遠くなりそうです。

 どれを見ても技術の高さ、職人の本気のすさまじさに圧倒されました。
 (ここまでやるか)

 しかしまだあの大物を紹介していません。
 次回に続きます

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/896-9ad8a8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード