2017-05

色づきにけり

13020801

 画像は再び紅葉祭りです。
 今回は、(需要があるかどうかはさておき)紅葉の仕組みのお話。

13020808

 紅葉する前の葉は緑色に見えます。
 この時、葉の中には緑色の物質(クロロフィル)と黄色~橙色の物質(カロチノイド)があります。
 光合成が盛んなうちは、光合成でより重要な働きをしているクロロフィルの勢力が強く、
 葉は緑色に見えます。

13020805

 しかし光合成しにくい環境になると、クロロフィルは分解されていきます。
 そしてカロチノイドが残り、黄色~橙色になるのです。

13020804

13020807

 さて葉が赤くなる時、葉の中ではどういう変化が起こっているのでしょうか。

 葉が緑色から黄色になるまでは同じ。
 ですがさらに葉に残った糖分が化学変化することで、
 赤~紫色の物質(アントシアン)ができます。
 そしてカロチノイドよりアントシアンの勢力が強くなると、葉全体として赤く見えるのです。

13020802

13020803

 ただどうやって紅葉するかは分かっていても、何のために紅葉するかは分かっていません。
 季節の移り変わりを告げる色ですが、
 木々にとって、葉が赤くなることのメリットって何でしょうね。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/953-8d29d2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード