2017-08

雪つむ野路の

13041001

 雪面で大活躍だったスタッドレスタイヤを、そろそろノーマルタイヤに戻したいと思っています。
 しかし、人を不愉快な気持ちにさせるあの微粒子たちが飛び交う中で、
 作業をする気にはなかなかなりません。
 (以前強行して、覿面に悪化したことがあるのです)
 このまま、もうしばらく走らせるしかないかな。

13041002

 今回も画像が多めなので、記事をたたみます

13041003

13041004

 さて、スノーシューを履いていても、まったく雪に沈まないわけではありません。
 踏み跡があれば、それを利用した方が楽です。
 そして安全です。

13041011

13041005

13041006

 足跡もない雪の上をほいほい歩いていると、
 積雪の下が沢だったり、
 (ストックをさしたら、何の手ごたえもなく雪が抜けた)
 雪庇(せっぴ:雪がせり出して下に何もない状態)だったなんてことも。
 (あれは怖かった)

13041013

13041014

 往路と少しルートを変えての復路。
 そろそろ行きのルートと合流するはずって時に、自分の足跡を見つけると少し安心します。
 たどれば帰れますから。

13041012

13041015

13041016

 自分の足跡がザックのへこみを中心に、行ったり来たりしている場所があります。
 (転んだ跡も

 少し離れて、ところどころに謎の穴が。
 ドールを立たせるという点では、積もった雪というのは非常に楽です。
 雪が足を固定してくれますから。
 謎の穴は、ドールをつきたてた跡。

 そう、ここは今日撮影した場所。
 自分のどたばたぶりが垣間見えて、なんだか笑えます。

13041007

13041008

 車にたどり着いて、後片付け。
 水筒に残ったお茶で一息。
 さすが魔法瓶。まだ十分暖かい。

13041009

13041010

 今回で今年の雪中のことりシリーズはラストです。
 (今年の雪中のことりシリーズ第1回こちら
 そろそろこのブログも春めいてくるでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukasen.blog22.fc2.com/tb.php/982-3bc9e7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:amino
 元からの趣味だったカメラと、はまってしまったドールが化合して、なんだか引き返せないところに立っている気がします。

基本方針:
 気まぐれ、いきあたりばったり
お供のモデル:
 ことり、愛佳、凛、ナツキ、桜
 史織、雪歩
アシスタント:
 みう

 気長に見ていただけたら嬉しいです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード